バーべキューコンロの選び方

バーベキューは、家庭でも飲食店でも人気があります。最近では、ベジタリアンの方でも食べられるバーべキューレシピが増えています。コンロの選定は、熱源と燃料を選択することから始め、その他の選択要素は、このガイドで紹介されている通りです。

バーべキューコンロを見る

  • バーべキューコンロの選び方

    バーべキューコンロを選ぶには、熱源、設置タイプ、固定式か移動式か、どのようなコーティングが施されているかなどを考慮する必要があります。 このガイドでは、バーべキュコンロの選び方について説明します。

  • 熱源について

    熱源は、バーベキューコンロの設置タイプ、料理の味、調理時間、コンロの価格に影響します。薪、炭、木質ペレットによって料理の味が変わりますが、薪の種類によっては、料理に独特な味が出ることも知っておく必要があります。

  • 炭火バーベキューについて

    PALAZZETTIの炭火バーベキューコンロ

    PALAZZETTIの炭火バーベキューコンロ

    炭火バーベキューコンロ は、料理に風味を与えるため、特に人気があります。 しかし、最初に火をつけてから炭に火が通るまで時間がかかることや、使用後の掃除に手間がかかるなどの欠点があります。 そのため炭は、飲食店で使うよりも家庭で使う方がより適しています。 最も一般的な炭バーベキューコンロはオープン型で、三脚上に設置することができます。   またセラミック製の丸型炭火バーベキューコンロもあります。 さらに暖炉を使うことで、炭に早く火が通ります。

    暖炉を使用するバーべキューの欠点は、掃除が面倒なことと、機種によっては高額になることです。

  • ガスバーべキューコンロについて

    STEELのガスバーべキューコンロ

    STEELのガスバーべキューコンロ

    ガスバーべキューコンロ は、素早く加熱・洗浄ができ、また正確な温度調節ができることから、ご家庭用でも業務用でも使用できます。 つまみを回すとすぐに料理を始めることができ、 適正な調理温度になるように、常に炭の管理をする必要はありません。 都市ガスやプロパンガスなど、選ぶガスの種類によって、バーベキューコンロを持ち運ぶことができる場合とできない場合があります。 ガスバーべキューコンロは、機種や価格の選択肢が豊富です。 飲食産業では、6つ以上のバーナーを搭載したモデルを選ぶことができます。

    • 長所:均一に火が通り、時間の節約ができ、掃除が簡単。
    • 短所:設置が複雑な場合や安全規定を守る必要があります。  人によっては、ガスで調理した料理は、炭火で調理した料理よりも美味しくなく、乾燥しがちであるという意見もあります。
  • 薪バーベキューコンロについて

    INVICTAの薪バーベキューコンロ

    INVICTAの薪バーベキューコンロ

    薪バーベキューコンロの愛用者は、料理に染み込む燻製味を好みます。 使用する木材の種類は、調理時間と風味の両方に影響を与えます。例えば、栗の木は燃焼が非常に遅く、リンゴの木はフルーツの風味を出します。 バーベキューを室内に設置する場合は、換気装置を設置します。

    • 長所:料理に燻製味を出すことができる。
    • 短所:熱源が不安定で、空気の質に影響を与えます。
  • 電気バーべキューコンロについて

    WEBERの電気バーべキューコンロ

    WEBERの電気バーべキューコンロ

    電気バーべキューコンロは、他のコンロに比べてコンパクトなので、狭いスペースに最適です。 コンセントが近くにあれば、屋内でも屋外でも使用することができます。 予熱が早くでき、均等に火を通すことができます。 また、掃除がしやすいというメリットもあります。 小さなキッチンや、炭や木のバーベキューが禁止されている場所で使用できます。

    • 長所: 熱調整ができ、設置が簡単、また手頃な価格。
    • 短所: 燻製味を出すことができない。
  • バイオエタノールバーベキューコンロについて

    Bio-Blazeバイオエタノールバーベキューコンロ

    Bio-Blazeバイオエタノールバーベキューコンロ

    バイオエタノールバーベキューコンロ より環境に優しく、手入れが簡単で、 コンセントを差し込む必要がなく、煙も出ません。 バイオエタノール はガスよりも効率が低いため、消費量が高くなります。 しかしバイオエタノールにも長所があります 。バイオエタノールは、非毒性・非汚染で、麻、サトウキビ、ジャガイモ、キャッサバ、トウモロコシなどの植物から得ることができるので、再生可能な燃料なため、環境に優しいです。

    • 長所: 環境に優しく、ガスや電気に依存しない。
    • 短所: 価格が高く、量を多く必要とする。
  • 多種燃料バーベキューコンロについて

    多種燃料バーベキューコンロは、 ガス・薪・炭を使用できる高性能グリルです。 燻製風味を料理に出すことができ、調理時間が短く、後片付けがしやすいなど、多くの利点があります。

    • 長所:複数の焼き加減がある。
    • 短所: 値段が高く場所を取るので、移動が難しいです。
  • 木質ペレットバーベキューコンロについて

    LineaVzの木質ペレットバーベキューコンロについて

    LineaVzの木質ペレットバーベキューコンロについて

    薪で燃やすバーベキューと同様に木質ペレットは、料理に燻製の風味を与えますが、火加減が不安定になります。 木質ペレットの最大のメリットは、常に薪の管理をする必要がないことです。 放出される煙の量を調整することができ、一部のコンロでは、レバーを操作するだけで、ペレットのタイプ、風味を変更することができます。   機種によっては、ボタンひとつで灰を取り出せる収納部が装備されており、掃除の手間を省くことができます。 メーカーによってペレットの種類が異なるため、煙の発生量や味が異なる場合があります。 また、ペレットバーベキューは、他のバーベキューコンロのような強い加熱ができないことに注意しましょう。

    • 長所:料理に燻製味を出すことができる。
    • 短所:熱源が不安定で、空気の質に影響を与える。
  • バーべキューコンロの設置について

    バーベキューコンロの設置の仕方によって、熱源の選択は重要になってきます。   小さなバーベキューコンロの方が掃除や設置が簡単にできますが、燃料の種類によっては、大型のバーベキューコンロしか使えないものもあります。

    それではバーベキューコンロの使い方を見てみましょう。 ピクニックでバーベキューを行いたい場合は、持ち運びに便利なモデルを選びましょう。 固定式バーベキューコンロは、移動ができないため場所を取りますが、より幅広い種類の料理ができます。 このような固定式バーベキューコンロの設置には、業者の方が必要になる場合もあります。

  • バーベキューコンロのコーティングについて

    Big Green Eggセラミック製バーべキューコンロ

    Big Green Eggセラミック製バーべキューコンロ

    バーべキューコンロに最も使用されている素材は、金属コンクリートセラミック石材そして人工大理石などです。 テラコッタや複合材、鋳鉄製のバーベキューコンロもあり、掃除がしやすい点が長所です。

    セラミックは、食材に接する部分だけでなく、全体に熱を拡散させることができます。

    ArchiExpoのサイトでは、上記のような素材のバーべキューコンロを簡単に見つけることができます。

  • 付属品について

    付属品は、バーベキューコンロに組み込むことができたり、追加することができます。 例えば木製棚、作業台、また調理前に肉を炙るためのグリルなどがあります。 「 炙り用グリル 」は、温度を上げることが難しい木製ペレットバーベキューコンロに特に役立ちます。

    付属品以外にも、バーベキューコンロ選びの参考になる特徴をご紹介します。

    • 重さ
    • 屋内か屋外で使う
    • 最大温度
    • 予熱の速度
    • 移動ができるかどうか
    • 設置のしやすさ
    • 耐摩耗性
    • 指紋の見えやすさ(ステンレスの場合は目立ちにくい)
  • 家庭用バーべキューコンロについて

    バーベキューコンロの選択の仕方は、それを置く場所のスペースと、屋外に設置するか屋内に設置する等の使用目的によって異なります。 次に、使いやすさと調理時間により、選択の幅を広げることができます。 大勢で使用する場合、また大家族の場合は、大きなグリルをご検討ください。お住まいの建物によっては、電気バーベキューコンロのみご利用いただけますので、ご購入の前にぜひお問い合わせください。 バーべキューコンロが移動可能かどうかも、選択の決め手になります。 コンロを置くスペースに加えて、地域の規制や燃料の選択も影響します。 温暖な気候の地域にお住まいの方々は、屋外でバーべキューができるように、都市ガスを屋外に供給する計画を立てると良いでしょう。

  • 業務用バーベキューコンロについて

    レストラン産業にとって、燻製された肉料理は大変魅力的ですが、食材を燻製させるバーベキューコンロには厳しい規制があり、設置には業者の方を呼ぶ必要があり、費用もかかります。また換気システムは、一酸化炭素抽出器付きである必要があります。

    そして設置する場所のスペースや、キッチンスタッフの使いやすさなども考慮して選びましょう。飲食店の営業でバーベキューコンロを購入する際には、安全規制をする守ることが不可欠です。

  • 最近の傾向

    現在家庭でもレストランでも、低温調理や燻製器が流行しています。最近では、薪を使うバーべキューコンロも人気になってきていて、ベジタリアンやビーガンの方々の間でも利用されています。アウトドア調理は、ますます人気となっています。比較的新しい木質ペレットバーベキューコンロは、木質ペレットメーカーが増えてきたことで値段が下がってきているため、販売量が増加しています。
    中でも人気な付属品といえば、バーベキュー内部の温度を正確に測定できるプローブです。またプロパンガスを使用する炙りグリルもあり、最高温度が低い木質ペレットバーベキューコンロで調理する場合に、特に便利な付属品です。またスマートフォンのアプリを使い、リモートで制御できるコンロもあります。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です