オフィスデスクの選び方

デスクを選ぶ際には、スタイル、材質、可動性、調整機能など、様々な要素について検討する必要があります。このガイドでは、職場やホームオフィスで使用するデスクを購入する際に考慮すべきポイントについて説明します。

デスクを見る

  • オフィスデスクの選び方について

     BENE社製高さ調節機能付きデスク

    BENE社製高さ調節機能付きデスク

    職場やホームオフィス用のデスク選びは、使う人の健康状態や生産性、快適さに大きな影響を与えます。 以下は、デスクを選択する際に気をつけるポイントです:

    • デスクの使い方と環境
    • デスクのタイプと収納
    • デスク形状・寸法・設置方法
    • 天板(デスクトップ)と脚の材質
    • スタイル
    • オプションと流行
  • デスクの用途と使用場所について

    デスクをどのような目的で使うのか、どこに設置するのか、また何を収納するのかを想像してみてください。デスクは、事務作業やお客様の対応、創作、手作業、コンピューター業務、電話業務など、さまざまな用途で使用されます。デスクの使用目的により、サイズ、高さ、収納タイプ、プライバシー・セキュリティータイプが決まります。

     FANTONI社製受付用デスク

    FANTONI社製受付用デスク

    家庭用デスク業務用デスクは、特に長時間同じ姿勢で使用する場合は、座る人に合った寸法であることを確認しましょう。 使用する人や作業に合った机の高さ、パソコンを使用する場合は、画面と目の距離が十分に取れることなどがポイントになります。 デスクによっては、高さを調節できるものや、立ったり座ったりができるものもあります。

    新型コロナウィルスの影響によりテレワークが普及したため、効率よく仕事ができるホームオフィス用デスクの需要が高まりました。 デスクのデザインは、デスクを置くスペースの広さ、周囲のインテリア、業務外にも使用するかどうかによります。 ご家庭に専用のワークスペースを設けることで、生産性や満足度が上がります。 また、業務時間外はデスクを隠したり、折りたたんだりすることで、常に仕事を意識することなく、ご自宅での時間を楽しむことができるデザインのデスクも数多くあります。

    業務用デスクは、ホームオフィス用デスクに比べ、堅牢性や地域の安全衛生に関する規制を満たす必要があるため、値段が高くなりやすいです。 また、デスクが人間工学的に適しているかどうかを確認することは、従業員の健康管理につながり、生産性を向上させることにもつながります。 オープンオフィスで数多くのデスクが必要な場合、フロアプランが従業員の安全と快適性に適した、十分なスペースが取れるデスクモデルであることを確認してください。 騒音レベルを制限するためにデスク間に仕切りを設置したり、逆に従業員同士の交流を促すために、仕切りのないデスクを検討するのもよいかもしれません。

    商業施設や公共施設では、特に受付カウンターのデザインとスタイルは、目に付きやすいので重要です。 段付きのカウンターは、立っている状態でお客様対応ができ、またデスク上を隠せるという利点があります。 受付に多くの人が訪れる場合は、飛沫感染予防アクリル板やセキュリティー用の鍵付き収納を検討しましょう。

  • デスクのタイプと収納について

     HERMAN MILLER社製デスク

    HERMAN MILLER社製ワークステーションデスク

    デスクと収納の構成を選ぶときは、どのような作業に使うかを考えてください。 時々ノートパソコンを使う用の小さなデスクなら、収納は必要ないかもしれません。 収納する書類が多い場合は、棚や引き出しがあるデスクがおすすめです。
    穴とケーブルトレイが一体になったデスクは、コードをすっきりとまとめることができます。

    一般的にエグゼクティブデスクは独立型であり、カスタマイズが可能で、標準デスクよりも大きいため、特に個人オフィスに適しています。 ワークステーションは、プロフェッショナルな環境向けに設計されており、複数人で使用できるようになっています。 モジュール化されており、仕切り、収納、電源ケーブル用の穴が設けられています。

  • デスクの設置方法・形状・寸法について

    デスクを置くスペースの高さ、幅、長さ、窓や照明も考慮して、採光の良い快適な環境にデスクを置くのが理想的です。デスクや椅子が、人の移動を妨げないための十分なスペースがあるかどうかにも気をつけましょう。また、必要な場合は、お客様を迎え入れるためのスペースも検討しましょう。

     LAS MOBIL社製L型デスク

    LAS MOBIL社製L型デスク

    デスクは自立式のものが多く、場所を選ばずに設置できます。 コンパクトなスペースには、折りたたみ式の壁取り付け式デスクを設置すると、デスクを使用しないときに邪魔にならず、掃除もしやすくなります。 また、自立式デスクには、コンパクトなデザインのものも数多くあります。 ご自宅や学生寮、ホテル、また使用頻度が低い場合には特におすすめです。

    デスクには、用途に合わせた様々な形状があります:

    • 直線型/長方形デスク – 柔軟性があり、複数の構成が可能。
    • 湾曲デスク – 天板が湾曲しているため、作業面が最適化され、回転椅子に座ったときにも天板に手が届きやすくなっています。
    • コーナーデスク – 角への設置に適した設計です。
    • L字型デスク – マルチタスク、複数の人が使用する場合の作業エリア分割、お客様を迎えるために最適なデスクです。
    • U字型デスク – 受付に最適です。
  • 材質とスタイル

    天板や脚の材質は、メンテナンスのしやすさやデスクの見た目に大きな影響を与えます。

    TONELLI社製ガラス製デスク

    TONELLI社製ガラス製デスク

    木製デスクには、ソリッドウッドとエンジニアードウッドの両方があります。無垢材デスクは、オフィスに高級感を加えることができます。 合板突板などのエンジニアードウッドは、本来の木の美しさを生かしながら、現代的デスクデザインにおいて、より自由な形状を可能にします。

    メラミンまたは ラミネートで仕上げたウッドベースのデスクは、経済的でお手入れが簡単で、色や仕上げのバリエーションが豊富です。 より品質の高い製品には、密度の低いチップボードではなく、MDFや合板などの高品質なコアが使用されています。 安価なデスクには、目に見える部分だけをラミネート加工することで、製造コストを抑えています。

    ガラス製デスクは、スタイリッシュで自然光を最適に取り入れることができますが、他の素材に比べて壊れやすく、時間の経過とともに欠けたり傷ついたりする可能性があります。 ガラス製天板は、木製脚や金属製脚と組み合わせることでインダストリアル風にしたり、また天板と脚をガラス製にして、すっきりした雰囲気を出したりと、色々な組み合わせが可能です。 金属は、デスクの脚にのみ使用されます。 金属製の天板はあまり一般的ではありませんが、スリムなインダストリアルデザインやシンプルなデザインとの相性は抜群です。

  • 流行のデスクとオプションについて

     INTO社製防音デスク

    INTO社製防音デスク

    より健康的で快適なオフィス環境の実現を目指し、各社は革新的なデスクを販売しています。

    • スタンディングデスク: 立って作業することもできますし、ランニングマシンと組み合わせて作業することもでき、通常のデスクワークの常識を覆すことができます。
    • 防音デスク: 一体型防音パネルにより、開放的な空間でのプライバシーを確保することができます。
    • ミニマリスト、コンパクト、折りたたみ式デスク: これらのデザインは、在宅勤務やペーパーレス化の影響で登場したものです。
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。