ランプの選び方

ご自宅や商業施設に適した ランプを選ぶことで、雰囲気を醸し出したり、より快適な空間を作り出すことができます。このガイドでは、ランプ選びに役立つアドバイスをご紹介いたします。

ランプを見る

  • ランプの選び方について

    NORDLUXのLEDペンダントランプ

    NORDLUXのペンダントランプ

    ランプを選ぶには、ランプの種類、光源、素材、スタイル、流行を理解することが重要です。以下は、ランプを選ぶ際にチェックすべきポイントです。

    • ランプのタイプ
    • サイズと設置場所
    • 光源
    • 素材
    • スタイルと流行
  • 照明の種類について

    ランプの照明には、用途別に様々な種類があります。

    • 一般照明は、部屋や空間を全体的に照らすために使用されます。
    • 作業用照明は、より高い照度を必要とする場合、例えば読書・料理・仕事を行う際に使用されます。
    • アクセント照明は、スポットライトのように部屋や家具の一部を照らすために使用されます。
    • ムード照明は、部屋の雰囲気作りに使用されます。
  • ランプの種類について

    ランプは、特に設置方法や設置場所により分類されます。ここでは、主なランプの種類と使用例をご紹介します。

    • ペンダントランプは、一般照明として使用されることが多く、空間全体の雰囲気に影響を与えます。大きなペンダントランプやシャンデリアは、ダイニングテーブルの上に設置すると、ダイニングがより魅力的になります。また、アイランド型キッチン上にペンダントランプを複数設置すると、キッチンがより華やかになり、さらに調理用照明としても利用できます。
    • 卓上ランプは、仕事や勉強をする際に使用したり、一点を照らしたり、雰囲気作りにも役立ちます。
    • ベッドサイドランプは寝室用なので、一般照明と比べ柔らかな色の光が特徴。しかしベッドで読書をする方は、あまり暗くないランプを選びましょう。ベッドサイドランプの中には、光の方向を調整できるものもあります。
    • デスクランプは、机の上に置いたり、机に直接取り付けたりできます。多くのデスクランプは、光の方向を調整できるように、ランプの向きや高さの調節ができます。デスクランプを選択する上でのポインとは、机のサイズに合うランプを選ぶことです。またパソコン作業や細かい手作業には、専用のデスクランプが必要になる場合もあります。
    • フロアスタンドランプは、部屋の角やソファーの横に設置されることが多いです。ストレート型、三脚型、アーク型など、様々なデザインがあります。仕事や読書に使用できるように、光の向きが調節可能なものもあります。フロアランプには、変わったデザインのものが多く、よく装飾目的で使用されます。低めの屋外用ランプは、通路照明に使用することができます。
    • 携帯型ランプは、電源から離れた場所でも使用できます。屋外で使用できるので、例えば庭の雰囲気作りに最適です。 また、水辺やプール、噴水のフローティングランプとしても使用できます。

    業務用として使用する場合は、耐久性があり、安全規格を満たしているものをご利用ください。

    ROYAL BOTANIAの携帯型ランプ

    ROYAL BOTANIAの携帯型ランプ

    MARSET ILUMINACIONのペンダント/フロアランプ

    MARSET ILUMINACIONのペンダント/フロアランプ

    MADE BY HANDのテーブルランプ

    MADE BY HANDのテーブルランプ

  • ランプの寸法と設置について

    ランプを選ぶ際に、ランプの寸法が設置予定のスペースに合った大きさであることと、周囲の家具を引き立てるデザインであるかを確認しましょう。狭いスペースや小さな家具の上に大きなランプを置くと、かさばった印象を与えます。考慮すべきランプの寸法は、高さと幅・シェードとベースの直径です。シェード付きのランプは、電球の光が直接目に入らないので目にやさしいです。
    ペンダントランプを部屋の中央や廊下に設置する場合は、地面から200cm以上の高さに設置し、アイランド型キッチンやダイニングテーブルの上に設置する場合は、地面から182cm以上の高さに設置してください。アイランド型キッチンの上に、等間隔でペンダントランプを複数設置することで、手元がより明るくなり、影が出にくくなります。

  • 電球や光源について

    多くの国で白熱電球が廃止されつつあり、LEDのような低エネルギーの電球が新たな標準になりつつあります。特に選んだ照明器具に合った電球を選ぶことが重要です。

    • ランプの電圧、ワット数、ベースフィッティングに関しては、仕様書を確認してください。
    • また、電球の交換が簡単にできるかどうかや、必要な電球の数を事前に調べておきましょう。
    • 照明器具が調光可能な場合は、調光可能なLED電球が必要であることを覚えておきましょう。
    • LEDの色温度はケルビン(K)で表されており、従来の白熱電球のような黄色く暖かい色の低いケルビン数(2700K)を持つ電球から、より青く、日中の光に近い高いケルビン数(5500K)を持つ電球まであります。
    • LED照明の明るさを表すルーメン(lm)も確認しましょう。1600ルーメンは100Wの白熱電球に相当し、450ルーメンは40Wの白熱電球に相当します。調光可能な電球は、空間の雰囲気作りに適していますが、精密な作業には、より明るい電球が必要です。
  • ランプの素材について

    DELIGHTFULLの真鍮製フロアランプ

    DELIGHTFULLの真鍮製フロアランプ

    メーカーは様々な素材を使用してランプを製造していますが、最終的には、ランプを飾る部屋の雰囲気やインテリアに合うものを選びます。ここでは、ランプの素材選びの参考になる情報をご紹介します。

    • 主なランプの素材は、金属ガラスプラスチック木材セラミックです。
    • 紙・プラスチック・布などの素材で作られたランプは、一般的に金属・木材・ガラスなどの素材で作られたランプよりも軽量で安価です。
    • ランプの構造と仕上げの品質は、ランプの寿命・堅牢性・スタイルに影響します。
    • ペンダント照明の場合は、既存の照明器具が選んだランプに適しており、特にガラス・石・クリスタル・真鍮などの重い素材で作られたランプやシャンデリアの場合は、総重量を支えることができるかどうかを確認してください。
  • ランプのスタイルと流行について

    ランプのスタイルや形は、設置する空間の装飾に合わせて選びます。また、最新のトレンドを取り入れるのも良いでしょう。

    クラシックなスタイルまたは伝統的なランプには、 歴史的な生産技術・素材・形・モチーフなどが使用されています。主に真鍮・ガラス・布・クリスタル・彫刻入の木材などの伝統的な素材が使用され、色も限られています。

    コンテンポラリースタイル(現代風)ランプには、インダストリアルなものからミニマリストデザイン・オーガニック系・オリジナルなデザインまでの様々なスタイルがあります。 コンテンポラリースタイルの照明には、レーザー切断・回転成形・合成素材(ポリマーや複合材)などの、現代的な製造技術を使用したランプもあります。ミニマリストデザインのランプは、簡素化した幾何学的デザインと融合した要素が特徴です。インダストリアルスタイルは、倉庫や工業用器具の要素を取り入れています。

    以下は最新のトレンドです。

    • 工場のランプを模したインダストリアル系のランプ。
    • 木材・金属・ガラスなどの素材を使用したミニマリストデザインのランプ。
    • ワイヤーフレームで作られた幾何学模様のランプ。
    • マットブラックやゴールド仕上げのランプ。
    • 木材・籐・竹などの長持ちする素材でできたランプ。

    充電式の携帯型ランプや屋外用の防水ランプも人気です。また最近では、ブルートゥーススピーカーやタッチコントロール、赤外線センサーなどを内蔵したランプもあります。

    KOODOOのスピーカー付きランプ

    KOODOOのスピーカー付きランプ

    SITTING BULLの屋外用ランプ

    SITTING BULLの屋外用ランプ

    JANGIR MADDADIの現代風ランプ

    JANGIR MADDADIの現代風ランプ

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。