アームチェアの選び方

このガイドは、住宅、商業施設、公共の場所など、それぞれの場所や目的に適したアームチェアを選ぶためのアドバイスを紹介しています。用途、スタイル、材質、寸法など、アームチェアを選ぶ際の基準についても詳しく説明しています。

アームチェアを見る

  • アームチェアはどう選ぶ?

    アームチェアを選ぶ際には、以下の点に注目しましょう。

    • 用途
    • スタイル
    • べース・フレーム・椅子張り生地
    • 寸法
    • 最近のトレンド
  • アームチェアの選択に用途がどう影響するか?

    VARASCHIN社製屋外用アームチェア

    VARASCHIN社製屋外用アームチェア

    アームチェアが使用される場所や目的は、アームチェアの種類や材質の選択に影響を与えます。 屋外での使用を想定したアームチェアには、耐候性、耐紫外線性、耐腐食性などが求められます。 ご家庭用に選ぶ場合は、お好みのものを選びましょう。 リラックスしたり、読書をしたりと、長時間使座る場合は、座り心地を重視します。 背もたれが高いアームチェアや、リクライニングできるもの、またフットレスト付きのものは、座る人をしっかりとサポートしてくれます。 商業公共施設の受付など、人の出入りが多い場所で使用されるアームチェアは、日常的な使用に耐える必要があるほか、地域の規制に合わせて健康や防火に関する厳しい要件を満たす必要がある場合もあります。

  • どのアームチェアのスタイルを選ぶべきか?

    VARIER社製オリジナルデザインアームチェア

    VARIER社製オリジナルデザインアームチェア

    アームチェアにはさまざまなスタイルがあります。 現代風なデザインのものをお探しであれば、木製の北欧デザインのアームチェアや、金属製でエレガントなインダストリアルアームチェアを選ぶと良いでしょう。 人目を引くデザインのものをお探しなら、オリジナルデザインのアームチェアでゲストを驚かせましょう。 伝統的な空間向けのアームチェアは、より一般的な形状やデザインで、確立された技術が使用されていることが多いです。 高級感のあるダイニングスペースやラウンジには、チェスターフィールドルイ15世、 アールデコなどのクラシックスタイルのアームチェアが良いでしょう。空間に伝統的な趣を与えてくれます。

  • アームチェアの材質には木、金属、プラスチックのどれを選ぶ?

    TALENTI社製金属アームチェア

    TALENTI社製金属アームチェア

    アームチェアのフレームに使われる材料は、木、金属、プラスチックが一般的です。 張地を付けることも可能ですが、屋外用や公共の場所用のアームチェアは、衛生や掃除の観点から、張地なしのアームチェアが選ばれます。

    木製アームチェアは、無垢材はクラシックなアームチェアとモダンなアームチェアの両方のデザインによく合い、頑丈かつ魅力的です。 合板は曲げ加工ができるため、モダンなシートデザインに適しています。 MDFやチップボードなどの木製板は、隠して張地の支えとして使われることが多いです。

    金属は堅牢なため、普段使いのアームチェアのフレームやベースに使われることもありますが、硬くて冷たいため、直接座るにはあまり快適ではありません。 そのため、金属は木やプラスチック、布や取り外し可能な張地など、他のシート材質と組み合わせて使われることが多いです。

    プラスチック製アームチェアは、軽量で手入れが簡単です。コストパフォーマンスに優れ、人間工学に基づいたさまざまな形状から選べます。 しかし、プラスチックは、木や金属に比べて堅牢性に欠けます。

  • アームチェアの張地について知っておくべきこと?

    CAPPELLINI社製フェルト生地アームチェア

    CAPPELLINI社製フェルト生地アームチェア

    アームチェアは座り心地を重視したデザインが多いため、布張りのものが多いです。 生地やパッドの堅牢さは、アームチェアの寿命と品質に大きな影響を与えます。 張地は取り外して掃除ができるかどうか、パッドは定期的な使用に耐えられる高密度フォームかどうか、などを確認しましょう。 以下は、張地に使用される材質の一部です。

    コットンは天然素材であり、コストパフォーマンスが高く、色やモチーフも豊富です。 通気性は良いですが、シミやシワになることがあります。 より強く、洗いやすくするために、他の素材が混ざっていることが多いです。
    ポリエステルは丈夫で、汚れに強く、色や仕上げのバリエーションも豊富です。
    ポリプロピレン生地(別名オレフィン)は、軽量で耐薬品性、耐候性に優れ、手入れも簡単なので、屋外用アームチェアの張地として最適です。
    は高いので、アームチェアに適したタイプを選びましょう。アニリンレザーは、セミアニリンレザーやコーティングレザーに比べ柔らかく、自然な見た目の反面、シミになりやすいです。手入れのしやすさであれば、耐摩耗性に優れ、汚れを拭き取りやすく、時間が経っても楽しめる良質なコーティングレザーがおすすめです。 合成皮革は、本革に代わる、より安価で動物にやさしい素材としてよく使われています。現在、従来のレザーに匹敵する高級フェイクレザーが数多く存在します。また、プラスチックに代わる環境に優しい素材として、植物由来の合成皮革が開発されています。

  • アームチェアのベースについて知っておくこととは?

    CLASSICON社製ロッキングアームチェア

    CLASSICON社製ロッキングアームチェア

    モダンなアームチェアには、数多くのベースがあります。 伝統的なアームチェアの多くは4脚ですが、中央脚そり脚などの珍しいものを選ぶこともできます。 動くア―ムチェアをお探しの場合は、回転ベースロッキングアームチェア、あるいはキャスター付きアームチェアがおすすめです。

  • アームチェアの寸法について知っておくべきこととは?

    BERTO SALOTTI社製チェスターフィールドアームチェア

    BERTO SALOTTI社製チェスターフィールドアームチェア

    アームチェアを選ぶ際には、その寸法が設計や座り心地にどのような影響を与えるかを考えましょう。狭い部屋に置く場合、大きなアームチェアは避け、椅子の周りに十分なスペースを残すようにしましょう。

    アームチェアの人間工学について考えてみましょう。座面の奥行きや高さ、背もたれや肘掛けの高さには種類があり、座り心地に大きな影響を与えます。一般的なアームチェアの座面高は約40~46cm、座面奥行きは50~61cmです。低くて深い座面は、長時間くつろぐには快適ですが、椅子から立ち上がりにくいです。奥行が浅い座面は、背中を伸ばして座るため、長時間座ることがない待合室向けです。また、座面が高いと立ち上がりやすくなるため、特に運動機能の低下した方におすすめです。目的に合ったアームチェアを選ぶには、購入前にできれば、お試しいただくことをおすすめします。

  • アームチェアの最近のトレンドとは?

    SONIC社製マルチメディアアームチェア

    SONIC社製マルチメディアアームチェア

    公共の場所や職場での快適性が重視されるようになり、アームチェアは、家、会社やホテルのロビーだけでなく、様々な場所で使用されています。

    例えば、アウトドアリビングにアームチェアを設置すれば、自宅はもちろん、ホテルやレストランでもアウトドア空間を楽しむことができます。 都会公共の場所用に設置されたアームチェアは、周囲の環境を楽しむのに役立ち、商業用のアームチェア は、買い物客や観光客が長時間買い物や観光を楽しむために役立ちます。

    オフィスでは、防音機能を持つ背もたれの高いアームチェアを使用することで、通話時のプライバシーを守ることができます。 一部のアームチェアには、台付きのものや、USBソケット・スピーカーなどを内蔵したものがあり、快適に仕事ができます。

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です