窓を正しく選ぶには

窓はすべての建物に不可欠な存在です。窓からは外を見ることは、私たちの健康維持に欠かせません。窓の種類は数多く存在しますが、窓を取り付ける目的から、必要な窓を絞り込むことができます。このガイドをぜひ、窓選びにお役立てください。

 

窓を見る

  • 窓を正しく選ぶには

    窓を選定するには、窓を取り付ける目的が何かを考えて選びましょう。まず窓取り付ける場所が住宅ビルかによって、窓の規格は異なります。そこで、このガイドでは、規格から説明していきます。次にガラス開口システムについて説明します。窓枠やその素材も窓を決める上で重要な要素です。

  • 住宅用窓とビル用窓について

    Fenêtre fixe d'Aliplast

    Aliplast社製の固定型窓

    住宅用や商業用ビルの窓選びには適合証明を取得する必要があり、ガラスと窓の高さに関する制約を守らなければなりません。例えば、窓は一般的に床から610mm(24インチ)未満でないといけません。そこで規制を順守していることを証明する証明書を取得する必要があります。

    次は窓を選ぶ際の注意事項です:

    • 規格
    • 窓は熱貫流率におけるエネルギー効率の要件を満たしている必要があります。熱貫流率は、物体を通過する熱の移動速度で測定され、これをU値と呼びます。
    • またガラスの耐衝撃性も重要です。
    • 開口部の高さ
    • 交換する窓は、熱貫流率の基準を満たす必要があります。
    • 格子窓は、テスト済みでなければなりません。

    商業ビルの土地所有者は、一般的に都市計画の規則と適用可能な建築規則を遵守する責任があります。

  • 窓ガラスの選択について

    Fenêtre à triple vitrage de CIPRIANI SERRAMENTI

    CIPRIANI SERRAMENTI社製の3層ガラス窓

    窓ガラスの規定は、目的と地域により異なります。地域の規定により次の4種類から選べます: 単層ガラス窓、2層ガラス窓、3層ガラス窓4層ガラス窓。熱貫流率(U値)が低いということは、窓の断熱性が高いということです。寒い地域では、窓のU値は0.17~0.39で、単位はW/m2Kです。

  • 単層ガラス窓について

    単層ガラス窓は、ガラスが1枚です。値段は安いですがU値は1.9~5.8で、断熱性は低いです。

    • 長所 : 既存の縁や窓枠に取り付けることができます。
    • 短所 : 断熱性が低く、騒音をカバーできない。また壊れやすい。
  • 2層ガラス窓について

    Fenêtre à double vitrage d'Aperture Trading

    Fenêtre à double vitrage d’Aperture Trading

    2層ガラス窓は、2枚の板ガラスを組み合わせて、その間に空気が入っています。この中間層のおかげで断熱性が高まります。2層ガラスは建物の熱を逃しにくくし、省エネにも効果があります。2層ガラスのU値は、おおよそ1.6です。

    • 長所:優れた断熱性、エネルギー効率、結露しない、防音効果、防犯効果など。
  • 3層ガラス窓について

    Fenêtre fixe à triple vitrage de LUMI

    LUMI社製の3層ガラス窓

    3層ガラスは断熱効果を高め、騒音を抑えるために、3枚のガラスで構成されています。最新の3層ガラス窓のU値は約0.8です。つまり、他の窓ガラスよりも保温性が高く、さらに光熱費を削減することができるのです。

    • 長所 : 特に中央の窓が強化ガラスでできている場合、壊れにくい。
    • 短所: 値段が高く、またガラスの交換費用が非常に高い。重いので、フレーム、ヒンジに負担がかかる。中央の窓がフロートガラスでできている場合、内側と外側の窓の温度差により割れる可能性がある。
  • 4層ガラス窓について

     Fenêtre à quadruple vitrage de CIPRIANI SERRAMENTI

    Fenêtre à quadruple vitrage de CIPRIANI SERRAMENTI

    4層ガラス窓は、通常4枚の低放射コーティングされたガラスで構成されており、ガラス間には絶縁性ガスが入ってます。ガラス面から熱の移動が少ない設計になっています。比較的新しいタイプの窓で、主に極寒の地域で使用されています。スコットランドのEnviro Windows社は、U値が0.35の4層ガラス窓を開発しました。

    • 長所:極寒の地域に適している。紫外線カットが施されていない、高エネルギー効率の建物に適しています。また、U値が0.3W/(m2K)に近いガラスを使用することで、建物をパッシブハウスのようにすることができる。
    • 短所:中間層のガラスが熱応力により割れるリスクがある。これは、強化ガラスを使用することで回避できます。
  • 窓のオプション

    ガラス製造の発展は、窓づくりを変えました。Innovative Glass社などの企業は、eGlass®テクノロジーを使用して、ある時点で透明になり、必要に応じて完全に不透明になるガラスを製造しています。この技術により好きな時にガラスを不透明化でき、自然光を制御できます。不透明なガラスと透明なガラスを交互に使用することで、部屋の温度を調整できます。

    真空ガラスは、ガラス1枚ほどの薄さで、2層ガラスと同等の断熱性とU値です。フロートガラスが、別の低放射性ガラスと組み合わされた構造になっています。ガラス上には20mm間隔で直径0.5mmの黒い点(マイクロスペーサー)と、保護キャップがあります。

    ガラスのオプション:

    低放射ガラス(Low-Eガラス):熱を逃さずに、光と熱を取り入れます。

    反射ガラス、着色ガラス、スペクトル選択ガラス:必要に応じて熱と光の侵入を減らします。

    合わせガラス:紫外線と熱を吸収し、騒音を減らします。

    強化ガラス:標準ガラスよりも耐性があり、衝撃に強く、破損した場合に小さな破片になります。

     

  • 開口システムについて

    Fenêtre battante d'ALIPLAST

    ALIPLAST社製の開き窓

    窓の開口システムには種類がありますが、最も一般的なのは、開き窓、スライド式窓、傾斜窓、サッシ窓、傾斜・回転式窓、固定・旋回式窓です。その他、リフト&スライド窓、ルーバー窓、内倒し窓などのオプションがあります。

    開き窓: 窓は垂直ヒンジに固定され、ドアのように開きます。
    スライド式窓:窓は水平にスライドして開きます。
    傾斜窓 : 一般的に、窓は上から部屋の内側に向かって傾斜しています。
    サッシ窓 :窓には1つ・2つの開き扉があり、垂直にスライドすることで開きます。
    傾動または旋回窓 :窓は開き窓のように完全に開くことも、部屋の内側に向かって傾けることもできます。
    固定窓 :光を部屋に取り入れるだけの窓で、開けることはできません。
    ピボット式窓 : 窓が水平または垂直に回転します。

  • 窓枠の素材について

    Fenêtre coulissante en bois de CAST

    CAST社製スライド式木製窓

    金属木材PVCが窓枠や横桟の素材として最も使用されています。

    一部の窓には、飾りまた支えとして、窓ガラスを分割をする垂直また水平の構成要素が付いていますこれは縦仕切り(ムリオン)と呼ばれます。横桟はガラスを支えたり、窓を分割したります。

    • 金属
      長所:変形しないため、暑い気候で人気です。
      短所:枠の外側に熱を伝導するため、エネルギー効率が低下します。

    • 長所:優れた断熱性と美しさ。
      短所:耐性が低く腐敗する可能性があり、日光や熱による亀裂が生じる可能性があります。また、木材は高価です。
    • PVC
      長所:メンテナンスの必要がほとんどありません。
      短所:値段が高い。
  • 窓の技術的な特徴について

    技術的特徴を持つ窓は、次の通りです: 断熱層窓遮音窓安全窓撥水窓防犯窓電動窓耐風窓ブラインド付き窓。これらの窓は、使用されているガラスの種類や、ガラス・フレームに組み込まれている技術などが異なります。

  • 窓選びの際に注目すべきその他のポイント

    この点にはすでに触れていますが、なるべく省エネ効果の高い窓を選びましょう。FSCやエネルギースター認証を取得した窓に注目してみましょう。また、オーダーメイド窓、湾曲した窓、ブルズアイなどの窓もおすすめです。

     

     

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。