The online architecture and design exhibition

正しく温水ラジエーターを選ぶには

温水ラジエーターは、ボイラーで発生した熱と水の熱伝達能力を利用します。 ボイラーはガス、石油また木の燃焼で動作します。 ホ-スは冷却された水をボイラーに運んで熱を発生させるのために、パイプは温水をラジエーターに運ぶために使用されます。

温水ラジエーターを選択をするときに、その最新動向を把握しておきましょう。 最近ではラジエーターが自動的に部屋ごとの調節をします。 またスマートフォンやタブレットを介した遠隔操作で、ラジエーターを制御することで 温度を管理しエネルギー消費を監視できます。

温水ラジエ-タ-を見る

  • どの温水ラジエーターを選択するか?

    TUBESのコンテンポラリー温水ラジエーター

     

     

     

    セントラルヒーティングを設置する際に、温水ラジエーターが必要になります。 温水ラジエーターでは、熱は装置の本体を循環する熱伝達流体である水を介して伝えられます。 ヒートポンプか太陽熱を利用してボイラー(ガス、木材、または燃料)内で水を加熱するため、ラジエーターはセントラルヒーティングシステムで動作します。 その後水は装置に送られ熱を放出します。

    適切なラジエータを選択するには、暖める部屋の特性と用途を考慮する必要があります。 どの部屋を暖めるかを知ることは重要です。 通過するだけのスペ-スやめったに利用されない部屋には、低レベルの暖房で十分です。 バスルームにはタオルウォーマーなどの特別なニーズがあり、他のどの部屋よりも高いレベルの暖房が必要です どのタイプのラジエーターがあなたのニーズに合っているかを特定するために、まず以下について考慮する必要があります:

    • 暖める部屋
    • 面積
    • ライフスタイル

     

    2つのタイプの温水ラジエ-タ-があります : 低音モデルと高温モデルです。 高温モデルは70°Cから90°Cの間で加熱され、一般に低温モデルよりも安価です。 一方で低温ボイラーの性能を低下させます。 低温ラジエーターは45°Cから50°Cの間で加熱され、ボイラーの労力が少なくて済むためより経済的です。

    どの部屋にも設置できます:リビングルーム、ベッドルーム、オフィス、さらにバスルームにも。

  • 高温と低温モデルの温水ラジエーターの違いは何か?

    低温モデルの温水ラジエーター(またソフトヒートラジエーター)と高温モデルの温水ラジエータは、まったく同じ機能を持っています。 違いは水の温度にあり、高温タイプは90℃と低音タイプは50℃です。

    水温を50℃に制限することで省エネができ、 ボイラーやラジエーター自体に負担がかからないため、 エネルギー消費は従来のラジエーターと比較して非常に減少します。 しkしより少ないエネルギー消費で同量の熱を供給するためには、より大きな加熱領域が必要とされます。 そのため低温ラジエーターは、より大きな加熱領域を必要とします。 このタイプのラジエーターは、最適な動作で効率の良さを取得するために、低温ボイラーやヒートポンプと連結していなければなりません。

  • 鋳鉄製ラジエ-ター、スチール製ラジエーター、鋳造アルミニウム製ラジエーターの違いとは?

     

    FERROLIの鋳造アルミニウム製温水ラジエーター

    鋳鉄ラジエーターは最も伝統的なラジエ-ターです。 これらは慣性がよく、ラジエータのスイッチを切った後でも長時間熱を保存して拡散させることができます。 しかしながら、これらのラジエータは加熱するのにより長い時間がかかります。 通常非常に重く、価格かなり高いです

    すぐに熱を放出するラジエ-ターがご希望であればスチール製ラジエーターを選びましょう。 金属製の表面は非常に薄いため、素早く熱を集めて拡散させることができますが、電源を切ると非常に早く冷却されます。 スチールは熱容量が低いため、鋳鉄とは異なり長期間にわたって熱を拡散させることはできません。 ラジエ-ターを消すとすぐに冷えます。 したがって断熱されてほとんど使用されていない部屋では、スチール製ラジエーターを使用することをおすすめします。 鋳鉄ラジエーターより軽く安価です。 またよりスタイリッシュで色々な形、サイズ、色から選べます。

    アルミニウムは熱容量が良い伝達素材で、熱を早く蓄積しゆっくり拡散します。 アルミニウム製のラジエーターのデザインはクラシックです。 アルミニウムは鋳鉄とスチールの長所を兼ね備えており、手頃な価格です。

    • 注意 : 鋳鉄製またはスチール製のラジエーターを使用している回路には、鋳造アルミニウム製ラジエーターを取り付けることはできません。 素材の不適合性は異なる素材の複数のラジエーターが、同じセントラルヒーティング回路に設置されている場合に腐食を引き起こす可能性があります。 アルミ製またスチール製の新しいラジエーターを取り付ける前に、まず既存のラジエーターの材質を確認してください。
  • どの形の温水ラジエーターを選ぶか?

     

    SCIROCCO Hの縦型温水ラジエ-ター

    横型ラジエーターが最も一般的ですが、超薄型モデルはインテリア向きで、モダンな雰囲気を室内にもたらします。 ベースボードモデルは目立たずスペースを取りませんが、設置により時間がかかります。 非対称の部屋に適応でき、傾斜した屋根や階段の下などに設置できるオーダーメイドモデルもあります。

    • ふきんや手ぬぐいを乾かすためのバ-付きの縦型ラジエーターは、台所で使用されています。
    • 浴室や洗濯室にはタオル乾燥機が理想的です。 暖かさと機能性の面で、縦型ラジエーターとタオル掛けを組み合わせたはしごモデルもあります。
    • 食事をする部屋やメインになるスペ-スには、お客さんに美術品のように見てもらえるデザイン性が高いラジエ-ターがおすすめです。
    • 横型ラジエ-ターは、長さがあることを条件に廊下、玄関ホール、団らんスペ-スに適しています。
  • 出力はどう計算するか?

    温水ラジエーターの出力は次の事項によって決まります :

    • 暖める面積また体積
    • 断熱の質
    • 環境(地域の冬の気温、高度、日照率など)

    1m²あたり125Wを供給する浴室を除き、天井の高さが2.5メートルで通常断熱された住居の場合は、1m²あたり100Wの電力を供給する必要があります。

    広い部屋でより良い熱分布を得るには、1つの大きな電源装置ではなく複数の中型電源装置を取り付けてください。 熱はよりよく分配され、部屋はより早く暖められます。

  • どのように温水ラジエ-ターを設置するか?

    電気ラジエーターと違い温水ラジエーターは、改築された建物よりも新築の建物に設置する方が簡単です。 油圧回路がない場合に、それに接続する必要があります。 改築された建物では、温水ラジエーターを熱発生器に接続するための工事が必要になります。

  • 温水ラジエーターの使い方とメンテナンスについてのアドバイス

    より快適に過ごすために、サーモスタットバルブをラジエーターに装備することをおすすめします。 ラジエーターは斜めのブラシで掃除でき、簡単にほこりを取り除くこどができます。 パフォーマンスを最適化するために、冬の初めと終わりにラジエーターを掃除することが重要です。

    温水ラジエーターの掃除方法のアドバイスです。 まずセントラルヒーティングをオフにして、やけどや床への浸水の危険を避けます。次に水滴を吸収するために、温水ラジエーターの下にタオルを置きます。 ペンチかドライバーが必要です。 ラジエーターのどちらかの側面についているバルブを確認してから、ペンチかドライバーを使いバルブを緩めます。 笛のような音が聞こえたら、それは空気が外へ出てる証拠です。 水が出る前に空気が全て放出されます。 この時点ですぐにバルブを閉じてください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です