The online architecture and design exhibition

ソファーを正しく選択する

ソファーは家具の基本的な要素であり、色々な役割を持っています:リビングを飾ったり、ゲストを歓迎したり、リラックスした時間を提供します。 したがってソファーは美学と快適さを兼ね備えていなければなりません。 ソファーの外観は快適さに伴っています。

Archiexpoでは、ソファーはタイプ(ストレート、コーナー、モジュラー、半円形、円形)、追加オプション(リクライニングソファーまたソファーベッド)、スタイル(現代的、伝統的、古典的)によって分類されています。

しかし今日では、ソファーは快適な座り心地やリラックスできるオプション以上のものになりました。 業界はこの家具に技術を追加し、それをオールインワンオブジェクトにしました。 スマートソファーには、携帯電話用の内蔵充電器や内蔵スピーカーなどがあります。

 

caliaitaliaのコンテンポラリ-ソファー

 

ソファーを見る

  • どのようにソファーを選ぶか?

     

    MAXALTOのモジュール式ソファー

    ソファーの選択は好みからだけでなく、ライフスタイルにもよります。 小さい子供がいる場合、白いベルベット生地は選ばないでしょう。 またワンルームに住んでる場合、U字型のソファ-を置くスペ-スはないでしょう。

    ソファーは、テレビの前で映画を観たり本を読む時にくつろげる、リビングの中心に置く場合が多いです。 ソファ-ベッドであれば、来客が来た時に泊めることができます。

    そこでソファーの選択をする時に、いくつかの基準があります :

    • ソファ-を置くスペ-スはどのぐらいあるか
    • 部屋の配置はどうか
    • 何人用のソファ-が必要か
    • 生地
    • ベッドとしても利用したいか
    • エキストラベッドが必要かどうか
    • 手入れが簡単かどうか
    • 予算
  • ソファーの大きさはどう選択するべきか?

      

    BAXTERのコンテンポラリ-ソファー

    ソファーの選択基準でもっとも重要なのは寸法です。 あなたのリビングに入らないソファ-を買っても仕方ありませんよね。

    • そのため、ソファ-を置くスペ-スはどのぐらいあるかを知っておくべきです。 部屋の寸法をきちんと測った上でソファーの選択をしましょう。 店舗で見るソファーは大きなスペ-スに展示してあるため、小さく見える場合がありますが、実際はそれより大きい場合があります。
    • 何人用のソファ-が必要か? 2人用3人用、それとも6人用 ?
    • そしてストレ-トタイプかコ-ナ-タイプかなどの形状についても決定します。
  • どのタイプのソファーを選ぶか?

       

    LONGHIのコ-ナ-ソファ-

    2つめに重要な基準は、ソファ-の使用法です。 それはあなたのライフスタイルや好みによって決まります。 例えばエキストラベッドが必要であれば、 ソファ-ベッドを選ぶべきです。 小さい子供や動物がいる場合、 ソファーの寿命は、いなかった場合よりも消耗が早いことを忘れずに。 そのため抵抗力や耐久性があり、汚れを落とせる素材のものをお選びください。   また肘掛け付きのソファーの場合、収納ができるタイプのものもあります。 寝椅子タイプのコーナーソファーには、毛布、シーツ、枕などを入れられる収納があります。

    • ストレートソファーは伝統的タイプのソファーで、どのスペ-スにも合います。 2~4人用のタイプがあり、固式かソファ-ベッド式から選べます。
    • コ-ナ-タイプソファーは、部屋の区切りにできたり、壁を飾ることができます。 直角、左タイプと左右に変更可能なタイプがあります。 固定式とソファ-ベッド式があります。
    • モジュール式ソファーは体の形態に合わせることができ、背骨を支えます。 2人用と3人用があり、コ-ナ-タイプや椅子に転換でき、また手動式か電動式でリラックスモ-ド(頭部分や背もたれ部分の傾け、脚上げ機能)にすることが可能です。
    • 半円形ソファーはカーブしたデザインで、サイズも色々あります。
    • 円形ソファーは、家族や友達と集まって過ごすのに最適です。 取り外し可能で、2つや4つに分割でき、各部分また中央に背もたれがあります。
    • ソファーベッドは小さなスペースに最適です。 多くの床面積を必要とせず、エキストラベッドとして、また日常的に使うことができます。 寸法は90x190cmから160×200 cm(1人〜2人)です。
  • どんな構造とサスペンションか?

    構造はソファーのフレームで脚から肘掛けまで、背もたれと座席までの形を与えます。 木製また金属製(特にリラックス機能を持つソファー用に)がありますが、最も抵抗力がある構造はその強度で有名な松のような無垢材です。 一般にこの構造はフレ-ム内部を満たすための合板、粒子また繊維のパネルを含み、その強度は厚さが15mmを超えると良好だと言われています。

    組み立てに関しては、最も一般的な方法はステープル留めで、最も信頼できる方法です。 さらに強度を増すためにステープル留めと接着の両方を行う構造を見つけることも可能です。 もしソファーベッドを選択し、特に頻繁に展開するのであれば、その開放機構にも注意すべきです。 ほとんどのモデルには、それぞれがソファーの使用頻度に対応する 3種類のメカニズムがあります :

    • 毎日使用する場合 -ソファーはクッションを取り外す必要なく直接展開します。
    • 適度な使用 – ソファーを広げる前に背もたれのクッションを外す必要がありますが、シートクッションは取り外す必要がありません。
    • たまに使う場合 – ソファーを展開する前に、背もたれとシートのクッションを取り外さなければなりません。

    サスペンションは、シートと背もたれの両方で圧力を受けるクッションを支え、 ソファーの快適さのレベルを決定します。 シ-トに使用されるサスペンションは、ほとんどの場合キャンバスに隠されていますが2種類あります:

    絡み合ったストラップ – このシステムは、シ-トに快適さを最大限に分散させます。 幅5cmから8cmの伸縮性のある織物のストリップで、平らな面に引き伸ばされステープル留めされており、より大きな強さから十字に交差しています。 注 :コーナーにスプリングを取り付けることは困難であるため、これがコーナーソファーに適用できる唯一のシステムです。

    スプリング – 一方でこのシステムは、各スプリングが加えられた圧力と独立して反応するので、さらに快適さを提供します。 このシステムは、その持続可能な弾力性でも認められています。 スプリングには伝統的なスパイラルスプリング、線細工ばね、金網ばねなどの様々な種類があります。 しかし品質の面で理想的なのは、ポケットスプリングまたスプリングタイプのノサグ(「ジグザグ」、「コルゲート」または「アーク」とも呼ばれる)であり、多くの制約があるにもかかわらず、その形状をより長く保持します。 背中部分のサスペンションには圧力がそれほどかからないため、一般的に弾性ストラップまたバネによって支持されています。

  • 詰物の素材はどう選ぶか?

    詰め物とは、背もたれと座席のクッションを満たす材料です。 それはソファーの快適さと硬さに直接関係しています。

    詰め物には色々な種類がありますが、 ポリウレタンフォームがその高い密度(30から35 kg/m3)から最も推奨されています。 このタイプの詰め物はシートクッションに最もよく使用され、その快適さは背もたれのクッションよりも優れています。

    多くの場合低密度(20〜25kg/m3)のポリエーテルフォームは、むしろ背もたれ用クッションやシートクッションの補強に使用されます。 構造を包むことで際立つ角を柔らかくすることができます。 またより柔らかさを感じてもらうため、200から500g /m3の間の密度を有する詰め物に置き換えることができます。

    は、支持用のフォームコアと共にをベ-スとライナ-との間に追加しダウン作ることができます。 この技術はシ-トの柔らかさをさらに強調するために使用されます。

    フォームフレークは予算が少ない場合に羽の代替となり、 クッションを詰めるためによく使用されます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です