暖炉を正しく選ぶには

暖炉は位置、スタイル、仕上げ材、使用する燃料の種類から選択できます。暖炉の役目は部屋を暖めることで、場合によっては食べ物を暖めることもできます。インテリア、スタイル、ニーズに合わせた暖炉が販売されていますが、暖炉の選択に重要なことは、設置するスペースに合った性能んぼ暖炉を選ぶことです。
暖炉の種類によっては専門的で定期的なメンテナンスの介入が必要なものもあります。

暖炉を見る

  • 暖炉?設置場所と使用目的?

    暖炉の火を楽しむため、今ある暖房への追加また暖炉への取り替え、インテリアを目的として暖炉を取り付けることができます。

    暖めたい面積に応じて断熱、高さ、地域、窓ガラス、フローリングなどを考慮に入れることが重要です。熱出力の計算は薪ストーブと同じで、10m²に対して1kWです。

     

    Bespoke Fireplace Designsのガス暖炉

    火を見る楽しみを目的に暖炉を設置する場合、火が見えやすい暖炉を選択しましょう。 ガラス製暖炉は火がよく見えます。 大きい暖炉を選ぶ必要はありません。

    暖炉を暖房の追加として使用する場合は、燃料ではなく木材を使用する方が安価です。 予算に制限がない場合は、お好みの燃料を使用頂けます。

    暖炉のみで空間を暖める場合、品質と価格が適切かどうかを調べましょう。 上記の通り薪は最も安価な燃料で、 停電時に薪スト-ブは電気を必要としないため、部屋を暖め続けることができます。

    暖炉はセントラルヒーティングのように、家のどの部屋にも熱を送ることができないので、それに取って代わることはできません。 暖炉による火災には注意が必要です。 また薪を回収しそれを保管し、定期的に薪に火を点ける必要があります。

     

    Focusの薪スト-ブ

    薪は他の燃料と比べて臭いが無く、2人きりのディナーには電気スト-ブよりロマンチックですね。 暖炉を設置する前に建築家や業者の人の意見を聞きましょう。 また熱収支や規制について詳しい薪暖房の専門家に依頼することもできます。 規制は定期的に変更され国によって異なります。

    例えば2018年にモントリオールでは、新しい規則により1時間あたり2.5グラム以上の微粒子が放出される暖炉やストーブが禁止されました。 イギリスでは、焚き火やストーブでの薪や石炭などの燃焼が、粒子による汚染の一因となります。   ニュ-ヨ-クでは、暖炉は環境汚染の原因になると考えられています。 また暖炉の臭いは良いけれど病気を引き起こしたり、煙は血流に染み込み心臓発作を可能性があると考えられています。 実際ほとんどの暖炉は、環境や健康を害するほど頻繁に使用されていません。

  • 暖炉にはどのような技術が使われているか?

     

    Planikaのバイオエタノール暖炉

    煙道や空気の入り口がなく、またこれらを設置できない環境である場合、 クラシックな暖炉を設置することはできません。 しかしバイオエタノール暖炉や電気暖炉であれば使用できます。

    無処理の薪がお好みの場合は、オープン型暖炉がおすすめですが、熱効率が70 %を超える密閉型暖炉とは異なり10 %〜15 %に下がります。また ペレットストーブの場合は90 %の熱効率で、ガスストーブの場合は90 %を超えます。 以外にガス暖炉 バイオエタノ-ル電気なども使えます。

     

    Heatilatorの電気暖炉

    • 薪暖炉 : 二重燃焼システムが装備されていると、より暖まりやすいです。薪が燃えたときに放出されるガスは完全燃焼のため再点火され、より少ない薪でより多くの熱を引き起こし(75 %以上の熱効率)、大気汚染を制限します。 ガス暖炉:ガス暖炉は煙道に接続されており、ガスで機能します。 この暖炉は薪暖炉とは異なり、壁に埋め込まれていません。 ガスストーブとは異なり、ガス暖炉をクラシックなタイプの暖炉に見せようとするメ-カ-が多いです。
    • バイオエタノール暖炉 : 冬に電気代を節約するための手段として考えられています。この暖炉は持ち運びが可能で、すぐに加熱することができ、メンテナンスがあまり必要なく、効率的で設置の際に業者を呼ぶ必要がありません。 さらに熱の損失はなく煙や臭いを発生しません。
    • 電気暖炉 :火を模倣した炎で部屋を暖め、 煙や有毒ガスを放出しないので安全に使用できます。 また特別な手入れをする必要がありません。
  • 暖炉の種類?

    最近は裸火の暖炉が人気ですが、環境に優しく効率的で、安全で使いやすい暖炉も人気です。暖炉の使用用途から暖炉のタイプを決定することができます。

     

    Rüegg Cheminée Schweizの密閉暖炉

    密閉暖炉は、 オ-プンタイプの暖炉と比べて約10倍の熱を発生し、木材消費量を4分の1に減少できます。 密閉暖炉は、 オ-プンタイプの暖炉と比べて約10倍の熱を発生し、木材消費量を4分の1に減少できます。 火は3倍長く続きし、煙は閉じ込められ部屋から逃げません。 ホコリが飛ぶ心配もありません。 このタイプの暖房に対して税額控除をしている国もあります。 熱の伝わりや二重燃焼、その気密性は利点ですが、メンテナンスには時間とお金がかかり、暖炉を交換するには使用している暖炉を壊す必要があります。

     

    Boleyの開放暖炉

    開放暖炉は家の壁に埋め込まれています。 装飾的ですが熱をあまり発生せず、経済的にも環境にも優しくありません。 一方で美しい火と燃える木の臭いが魅力的です。

    熱効率は15%を超えず、 現在市場に存在する約80%の暖炉と比較すると、エネルギー消費率は非常に大きいです。 また熱を感じるには暖炉のすぐそばにいないと不可能です。

    挿入式暖炉 は既存の暖炉に挿入されます。 長方形であることが多く、閉鎖タイプの暖炉よりも小さいことが多です。またフ-ドがないためすっきりした印象です。 リフォ-ムや新築の時に設置でき、

    閉鎖タイプの暖炉とは異なり熱気はフロントパネルから出て、下部にあるタービンによる放出されます。 また部屋からの空気が下部へ引き込まれ、発熱体の周りを循環し上部のグリッドに導かれます。

    鋳鉄また鋼製で見た目も美しく、閉鎖型暖炉のように部屋を十分に暖めてくれます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です