瓦の選び方

瓦は、数千年も前から屋根材として使用されています。 形状、材質、仕上げの種類が多いので、選ぶには時間がかかります。 このガイドでは、瓦の種類や材質について説明しています。瓦選びにぜひお役立てください。

瓦を見る

  • 瓦はどう選ぶ?

    CREATON社製ガラス瓦

    CREATON社製ガラス瓦

    瓦は、他の屋根材と比較して、その魅力的な外観や寿命の長さなど、多くの利点があります。 勾配のある屋根用の瓦を選ぶには、以下について考慮する必要があります。

    • 屋根の設計と規制
    • 瓦の種類と形状
    • 瓦の材質
    • 技術特性と仕上げ
    • 最近のトレンド
  • 屋根のデザインが瓦の選択にどう影響するか?

    LUDOWICI社製角が丸い瓦

    LUDOWICI社製角が丸い瓦

    既存の屋根に取り付けられている古い瓦を交換する場合や、新しい屋根を建設する場合は、まず建築規制を調べ、ご希望のデザインが計画許可を必要とするかどうかを確認することが重要です。 また地域の規制から、周囲の建物と調和するような屋根の形や勾配にしなければならない可能性があり、同様にタイルの形状、サイズ、材質、色の選択にも影響する場合があります。 例えば、歴史的建造物の保護地区では、他の建物で使われている種類の瓦を使うことが求められるかもしれません。

  • 瓦の種類や形状の選び方はどうすべきか?

    LÓGICA ONDA社製インターロッキング瓦

    LÓGICA ONDA社製インターロッキング瓦

    瓦の形状や種類の選択は、建物の外観に影響を与えるだけでなく、施工費用や屋根全体の重量、敷設する瓦の枚数にも影響を与えます。 ここでは、一般的な瓦の種類をご紹介します。 

    平板瓦は、完全に平らな瓦でインターロックでないため、十分な耐候性を確保するために、上下の瓦同士が半分以上重なり合う必要があります。 平板瓦は、多くの場合長方形または角が丸い形(敷設後は魚のうろこのようになります)をしています。 歴史的な屋根には、このタイプの瓦がよく使用されていますが、インターロッキング瓦に比べて高価で重いため、新しい建築物には、このタイプの瓦は必ずしも使用されません。 

    バレル瓦は、カナル瓦、スパニッシュ瓦とも呼ばれ、伝統的な屋根材として親しまれています。 交互に重なり合う形で敷設されています。 もう一つの伝統的な屋根材は、女瓦(平瓦)と男瓦(丸瓦)を重ね合わせたもので、古代より使用されています。 女瓦は屋根の上に平らに敷き詰められ、端が上向きになることが多いです。 カナル瓦のような形状の男瓦が、2つの女瓦の目地を覆うことで、屋根の耐候性を高めています。 

    インターロッキング瓦は、端の部分だけが重なり合うことで、屋根の耐候性を保つことができます。 つまり、インターロッキング瓦屋根は、平板瓦屋根に比べて、軽量で安価、かつより短い時間で設置できる場合が多いです。 インターロッキング瓦には、伝統的な形状(平らで長方形、平らで角が丸い、バレル、S字型)だけでなく、フランス瓦などの地域限定タイプの形状もあります。 一部のインターロッキング瓦は、ダブルサイズを使用することで、1回の施工で必要な瓦の枚数を減らすことができます。 多くの瓦メーカーは、屋根の軒先の仕上げ用や通気用の特殊瓦を用意しています。

  • 瓦の材質にはどのような種類がある?

    ASIAN STONES社製スレート瓦

    ASIAN STONES社製スレート瓦

    瓦の材質選びは、瓦の価格、重量、メンテナンスの仕方に大きな影響を与えます。 ここでは、代表的な瓦の材質について説明します。

    粘土瓦は、その寿命の長さ、丈夫さ、自然に豊富に存在することから、何千年も前から使用されてきました。 赤やオレンジ色が定番ですが、現在ではさまざまな色や形状のものが販売されています。

    コンクリート瓦は、粘土瓦と同じように寿命が長く、形の種類も豊富なため、粘土瓦の代替品として人気があります。 その安価な価格から、近代的な建築物に使用されることがあります。 しかし、粘土瓦に比べると重く、吸水性が高いので、厳しい気象条件には弱いです。

    スレート瓦は、頑丈で非常に長持ちし、近代的な建物や伝統的な建物にも合う、魅力的でユニークな仕上がりになります。 しかし、非常に重く、設置費用が高くなる可能性があります。 現代のスレート瓦は、従来のものよりずっと薄い傾向にありますが、その分傷みやすいこともあります。

    ガラス瓦は、リサイクルが可能で、天窓なしで採光を取り入れることができます。 また、太陽熱利用システムにも使用可能です。 ガラス瓦は、一般的な瓦の形状であることが多く、新築または既存の屋根構造に取り入れることができます。

    金属瓦は、粘土、スレート、コンクリートなどに比べ、はるかに軽量です。 メタリック仕上げだけでなく、従来の瓦を模倣した仕上げも可能です。 また、複数の瓦があるように見える、大きなシート状のものもあり、施工がより早く簡単に行えます。 しかし、へこんだり、雨の音がうるさいです。

    プラスチック瓦は、金属瓦と同様に、軽量でメンテナンスが簡単、従来の瓦の形状や仕上げを模倣でき、シート状で施工できるのが特徴です。 また、ガラス瓦の代わりに透明なプラスチック瓦を使用することもできます。 しかし、プラスチック瓦は堅牢性に欠ける傾向があり、経年変化による色あせや、紫外線による劣化が懸念されます。 使用するプラスチックの種類によっては、瓦全体の堅牢性や環境に影響を与える可能性があります。 メーカーによっては、100%再生プラスチックでできた瓦もあります。

  • 瓦に重要な技術特性とは?

    DACHZIEGELWERKE NELSKAMP社製瓦

    NELSKAMP社製瓦

    計画と予算に適した瓦を購入するには、以下のことを確認します。  

    • 瓦の厚さ
    • 1m2あたりの重量 
    • 1m2あたりの瓦の枚数 
    • 瓦の寸法 
    • オーバーラップ部のサイズと設置方法 
    • 屋根の最低勾配と最大勾配 
    • 保証期間
    • 耐火性、耐衝撃性、耐候性(風、ひょうなど)のレベル
    • 仕上げ

    仕上げは、屋根の外観に影響を与えるだけでなく、掃除のしやすさや吸水性にも影響を与えます。

  • 最近の瓦のトレンドとは?

    EDILIANS社製PV瓦

    EDILIANS社製PV瓦

    省エネの重要性が高まる中、各社は従来の瓦と調和する新しい瓦のラインナップを開発しています。 例えば、ガラス瓦は、自然光を取り入れることができ、ソーラーパネルを組み込んだ瓦は、太陽光発電をすることができます。 

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です