ドア取手の正しい選び方

ドア取手は、ドアの重要な一部分であり、その見た目が建物や家の外観に影響を与えます。またその機能は、ドアの使いやすさに大きな影響を与えます。このガイドでは、ドア取手を選択するためのアドバイスを紹介します。ドア取手には、クラシカルなデザインや現代風なデザインなど、様々なスタイルがあり、お好みに合わせて選ぶことができます。最近では、スマートテクノロジーと一体型LEDライトを搭載した取手もあります。

ドア用取手を見る

  • ドア取手の選び方

    ドア取手は、その用途から選びます。 このガイドでは、以下の点に焦点を当てています。

    • 取手の種類
    • 素材
    • スタイル
    • 用途とロックのオプション
    • トレンドとその他のオプション
  • ドア取手の種類について

    以下は取手の種類です:

    • ラッチボルト付きのレバーハンドルは、最も人気があり、 一部のものには、追加のセキュリティ用キーロックが付いています。 レバーハンドルは、ドアノブに比べて操作が簡単で、 身体障害のある方のために設計されているものもあります。
    • ドアノブには、ラッチ式、ロック式、固定式引き手があります。 引き出しや家具の取っ手には、小さいサイズのものが人気です。
    • 引き手は、固定式の取手(ラッチなし)で、縦にも横にも設置できます。 押したり引いたりするだけでドアの開閉ができます。 ドアノブと同様に、小さいサイズの引き手は、一般的に家具や引き出しに使用されています。
    • 埋め込み型ドア取手は、ポケット・ドアやガラス製ドアスライド式ドアによく使用されています。
    • パニックバーは、内側からひと押しするだけでドアを開けることができるので、一般的に非常ドアに使用されています。
     KLEISのレバーハンドル

    KLEISのレバーハンドル

    MARDECOの埋込み型ドア取手

    MARDECOの埋込み型ドア取手

    PANIDISの引き手

    PANIDISの引き手

  • ドア取手の素材とその選択の仕方

    ドア取手の素材の選択は、寿命の長さ、メンテナンスのしやすさ、求められる衛生レベルなどに基づきます。

    SALICE PAOLOガラス製ドア用取手

    SALICE PAOLOガラス製ドア用取手

    ステンレス スチールドア 取手は、その値段や頑丈さ、メンテンナンスの簡単さからとても人気があります。 アルミ製の取手 は、軽くて耐食性が高いです。 真鍮青銅などの銅合金製の取手は、伝統的なデザインのドアに人気です。 銅が入っていることで、細菌やウイルスの拡散防止に効果があります。 多くのドアハンドルには、耐久性を高めるための表面処理やクロームなどのコーティングが施されており、それによって取手の色や仕上げ、質感を変えることができます。

    プラスチック製またはプラスチック被覆された取手は、触れた時に冷たくないという点と、幅広い色から選べるという点が特徴です。 プラスチック製のドアハンドルの中には、特別な抗菌性があるものもあり、教育施設、スポーツ施設、医療施設などに特に適しています。

    クリスタルセラミックまたガラスなどの素材は、一般的に住宅の様式とデザインを調整するための、装飾的な目的で使用されます。

  • ドア取手のスタイルについて

    ドア取手のスタイルを選ぶ際には、家や建物のスタイルに合わせて検討することが大切です。

    コンテンポラリーなドア取手には、ミニマリストのデザインから、長方形や円筒形のもの、オーガニックなものやエルゴノミクスなものまであります。

    クラシックスタイル田舎風なスタイルのドア取手は、特に田舎風の建築物や歴史的建造物に使用されており、伝統的なモチーフや装飾が施されている場合があります。 クラシックスタイルのドア取手に使用される素材には、真鍮青銅磁器なども含まれます。

  • ロックオプションやドア取手セットいついて

    私達の生活の中でドアや窓、門、戸棚などの開閉に欠かせないのが取手です。 取手やロック機構のタイプは、その用途と必要とされるセキュリティーレベルによって異なります。 ここでは、ドア取手セットの最も一般的なタイプとその主な用途をご紹介します。

    • 標準的なドア取手セットには、管状のラッチが付いており、レバーやノブを使ってドアを開閉できます。 ドアを閉めてハンドルを離すと、ラッチはドアフレームに取り付けられた受座の穴に収まります。 そしてハンドルを回すとラッチが解除され、ドアが開きます。 通路ドア取手は、主にロックを必要としない内装ドアに使用されます。
    • 通常プライバシードア取手セットには、ドアの片側にサムターンロックまたはキャッチが付いています。 これにより、寝室やバスルームなどの部屋のプライバシーを守ることができます。 プライバシー取手は、非常時のために、反対側からネジで開錠できるようになっているものが多いです。
    • ダミードア取手セットは、ロック機構を必要としない、固定式のドア引き手です。 ドアによっては、管状のラッチの代わりにボールキャッチラッチが付いている場合もあります。 ボールキャッチはバネ式で、ハンドルを回してドアを操作する必要がありません。 (ドアは単に押して閉めるか、または引いて開けることができます)。 ダミー取手セットは、クローゼットの扉や両開きドアの固定されている側に取り付けられることが多いです。
    • 玄関ドアの取手セットは、多くの場合メカニカルキーで開けるモルティスロックのような、合わせ錠機構または統合型ロック機構を備えています。 単品シリンダーロックは外側からのみ鍵を開け閉めできる一方で、2個同一シリンダーロックは内側からも外側からも鍵を開け閉めできます。

    一般的にはロック一体型の取手セットの方が魅力的で設置も簡単ですが、玄関ドアやより高いレベルのセキュリティを必要とする場所のドアには、専用のドアロックが別途必要になる場合があります。 入り口用ドアの中には、キーカード、キーフォブまたはコードを使用する電子ロックシステムを使用しているものもあります。 このタイプのロックは、主にオフィスビルのドアやホテルの部屋のドアに使用されています。

    ASSA ABLOYのドア取手付き電子ロック

    ASSA ABLOYのドア取手付き電子ロック

    TANTALUSの通路ドア取手

    TANTALUSの通路ドア取手

    GLASS DESIGNのダミー・通路ドア取手

    GLASS DESIGNのダミー・通路ドア取手

    取手セット

    • 通路ドア取手
    • プライバシードア取手
    • ダミードア取手
    • エントリードア取手
  • 最新のドア取手

    ULNAのエルゴノミクスドア取手

    ULNAのエルゴノミクスドア取手

    抗菌タイプのドア取手は、雑菌やウイルスの蔓延を抑えるためのもので、 例えばUVライトを使用した自己殺菌型取手などがあります。 また、肘や足で操作するタイプの取手に置き換えることで、ウィルス感染の拡大を防ぐことができます。

    生体認証式ドア取手とロックは、通常オフィスや銀行、研究所、政府の建物などのセキュリティの高い施設に導入されています。 このタイプのドアは、会社や組織内で登録された人だけが開けることができます。 その他の革新的なオプションには、例えば暗闇での視認性を高める照明付きドア取手などがあります。 エコ的な視点からは、海で見つかったプラスチックを使用したプラスチック製ドア取手を製造するメーカーがあります。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です