The online architecture and design exhibition

正しくベッドを選定するには

私たち人間は、人生の3分の1の時間をベッドで過ごします。 つまりベッドは、私たちの生活にとても大切なものです。 そのためベッドを選択する時に、長持ちするベッドを選ぶべきです。
ベッドの快適さとデザインを考えることは大切ですが、それと同時に健康とスペ-スについても考えるべきです。
ベッドの質は睡眠の質を決定します。 快適なマットレスを選ぶ前に、まず質の良いマットレス台またベッド枠を選びましょう。

ArchiExpoでは、ベッドのスタイルはタイプによって分類されています :シングルベッド、ダブルベッド、布団、ロフトベッド、二段ベッド、引き出し式ベッド、フロ-ティングベッド、リクライニングベッドなど。 あなたに最も合ったベッドの種類を選んだら、次にマットレスの選択ができます。

ベッドを見る

  • どのようにベッドを選ぶか?

    Misura Emmeのコンテンポラリ-ダブルベッド

    Misura Emmeのコンテンポラリ-ダブルベッド

    ベッドを選ぶ際に考慮すべき基準は次の通りです: 快適さ、美しさ、利用可能なスペースと実用性などです。 ベッドには、様々な人の要望に応えるために様々なモデルが存在します:標準タイプ、二段ベッドタイプ、キャノピ-タイプ、メザニン、入れ子式、ウォ-ルタイプ、畳、フロ-ティング、円形、収納付きなど。これらのタイプのベッドにはオプションが付けられます。例えばヘッドボードの有無にかかわらず、布張りのベッドに統合型ベッドサイドトテーブルや埋込照明を取り付けることが可能です。

    シングルベッドとダブルベッドの寸法は、住んでいる国によって異なります。

    ヘッドボードの有無にかかわらず標準タイプのベッドや伝統的なタイプのベッドは寝室向きです。 木製か金属製か? これはお好みでお選びください。 より快適でスタイリッシュにするには、ヘッドボードは後付けするといいでしょう。

    SELLEXのウォ-ルベッド

    SELLEXのウォ-ルベッド

    ウォールベッドキャビネット付ベッドや折りたたみ式ベッドとも呼ばれています。 小さいスペ-ス向きで、部屋をスタイリッシュに変化させてくれます。 エレガントで機能的な折りたたみ式ベッドは、小さなスペ-スで場所を取らないための魅力的な解決策です。 収納を追加したいのであれば、ベッドの両側に収納を設置することができます。 このベッドはシンプルで独創的なシステムを備えています。床面積を解放するために通常壁に埋め込まれています。

    車輪付きベッドは入れ子式ベッドとも呼ばれています。 ベッドは展開できるように、機械的な金属製の引き出しに埋め込まれています。
    このタイプのベッドは、シングルベッド、ダブルベッド、またベンチとして使用できるため、狭いスペースには非常に実用的です。

    子供部屋に最適ですが、それより年上の人の部屋にも利用できます。ベッドは重なった状態なので、無駄なスペ-スを取らずに、一部屋にベッドを2つ置くことができます。

    ロフトベッド二段ベッドに似ていますが、違いは下の空いたスペ-スをベッド以外に使用する点です。 ロフトベッドも狭いスペ-ス向きのベッドです。 1人か2人用のこのベッドは高い位置にあるため、部屋のスペースを解放します。 例えば机、棚、またソファ-を下の空いたスペ-スに設置して、ワークスペースやリビングルームとして使うことができます。

    トランクベッドはスペース節約や収納ができ、 便利でスタイリッシュです。 大きくて収納ケ-スがついています。 そのためデザイン的でモダンなまま部屋にスペ-スが作れます。

     

    MORELATOのキャノピーベッド

    キャノピーベッドはとてもロマンチックなベッドです。 リラックスした雰囲気を作り、息抜きや休憩ができます。 付属品やカ-テンでよりリラックスした雰囲気を出します。

    小さいスペース用のその他のタイプのベッド :ウォ-ルベッドは収納式のベッドですが、収納用家具としても利用できます。 長所は ? 室内を完璧に片付いた状態にするために、床にスペ-スをつくることができます。

     ZEITRAUMのフロフローティングベッド

    ZEITRAUMのフロフローティングベッド

    日本式のベッドや畳式ベッドは健康に良い選択肢です。 畳の上に布団を敷いて寝ると背中に良いことは有名です。 畳の硬さは、寝ている状態の時の体の位置に適応し、筋肉や関節の緊張をほぐします。

    フローティングベッドは、 マットレス台にベッドの脚が固定されています。 そのためベッドが宙に浮いているような感じがします。そしてベッドの下の部分に足の指をぶつける危険性が無くなります。

    心理学の研究によると、私たちは一般的に丸い形に惹かれるそうです。 円形のベッドは最も美しいベッドの形だと思われています。

    主なベッドの種類 :

    • 標準
    • 二段
    • キャノピー
    • メザニン
    • 入れ子式
    • フローティング

    カスタマイズオプション :

    • 布張り
    • ヘッドボード付きか無しか
    • 統合型ベッドサイドトテーブル付き
    • 埋込照明
  • どの素材を選択するか?

    ベッドにはマットレス台があり、それは金属か木製です。布や革で覆うこともできます。ベッドは高額な買い物なので、質が良く長持ちする製品を買うには、素材に特に気を付けることが大切です。素材は長年のショックや動きによる損傷に影響を与えます。ベッドが壊れてきているかを知る最初のサインは、軋み音と破損です。
    木製のマットレス台は部屋に与える自然な印象がある点で、非常に高く評価されています。木材のタイプも重要な要素です。高貴で硬いオ-クは、その美しさと強さのため非常に普及しています。その強さで知られているブナの木も魅力的です。エキゾチックな木材も普及していて、室内に温かい雰囲気を出すことができます。

    一方シロアリなどの昆虫は、木材を食べてしまうので、鉄製やスチ-ル製を好む人もいます。常に確実で清潔な素材として見られてきました。その頑丈さが認められ、金属製のマットレス台はそれほど劣化することなく長期間の使用を保証するとともに、動きに対する完璧な耐性を保証します。今後は虫がかじつくことを避けるための木材処理が可能であることから、2つの素材から選択ができそうです。
    インテリア家具製造業者は、ますますメラミンを使用しています。そしてそれは樹脂でコーティングされホットプレスされた集成材でできています。合板やMDF(中密度繊維板)の家具のデザインのサポートとしてよく使われます。その価格は特に木材よりも安価で、またその明るさと頑丈さから多くの人に人気です。そのモジュール性と使いやすさはオリジナルの家具を作ることを可能にします。メラミンは強くて傷がつきにくいですが、木のベッドの頑丈さには劣ります。

  • どのようにちょうどいい高さのマットレス台を選ぶか?

    ベッドの高さがマットレスの高さを決定します。マットレスが厚いほど、高い位置で寝ることができます。マットレス台が高いことで得られる3つの利点:マットレスが睡眠中に動かないように調整できる点。 衛生状態を確実にするために、マットレスが十分に換気されるようになる点。 シーツを変える時にしゃがむ必要がない点。

    ベッドが高いとより快適で通気性も改善されます。50cm程の高さのベッドが理想的です。そのためベッドに登る努力をせずにベッドに入ることができます。さらに上げられたマットレスの通気性は改善され、空気はベッド下で容易に循環することができるため、マットレスに溜まった水分を除去することができます。

  • どのスタイルのベッドを選ぶか?

    部屋の中心に位置するベッドは、最初に目を引く家具です。 それはある意味で部屋の雰囲気を決定します。 部屋の装飾を特に重視する人々は、形、仕上げ、そして細部に焦点を当てます。

    ArchiExpoでは、ベッドはグル-プ別に分かれています : コンテンポラリースタイル伝統的スタイル、そして スタイリッシュなスタイルに分けられています。

    室内を装飾するために、多くの古典的なデザインが利用可能になりました。 現代的な大人用ベッドは、非常に近代的なスタイルで部屋をモダンにし、伝統的なベッドは素朴な印象を与えます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です