The online architecture and design exhibition

マットレスを正しく選択するには

ご家庭やホテルなどで利用されるマットレスは、基本的な室内用家具です。

ホテル産業では、多くの新しい技術がベッドに利用されており、マットレスの需要を高めています。 メ-カ-は、利用者に応じて調整可能なベッドや快適な睡眠を保証するマットレス、また宇宙でも使用実績のある材料などを提供しています。 最近ではスマ-トマットレスが徐々に普及してきています。

YouBedのCEOであるMattiasSörensen氏は「ホテルの宿泊客は快適な睡眠を得るために料金を支払い、そして何よりもまず快適なベッドを探しているという調査結果が出てる。」と説明しています。

環境保護の時代には、持続可能性も選択の必須基準になりました。 そのためメ-カ-はリサイクルや有機性材料に注目しました。

マットレスを買う時には、硬さの程度や柔軟性などの要素を考慮すべきです。 ArchiExpoのサイトでは、マットレスはタイプごとに分かれています(例えばシングルダブル、さらにスプリング、フォ-ム、ラテックス、ポケットスプリング、形状記憶など)。

マットレスを見る

  • どのようにマットレスを選ぶか?

     

    Magniflexのマットレス

    私たち人間は、人生の3分の1の時間を寝て過ごします。 そのため健康的に過ごせるマットレスの選択は重要です。 正しくマットレスを選択するために、ここに紹介されているメ-カ-のアドバイスをご覧ください。

    基本的な3つの選択基準 :サスペンション(フォーム、ラテックス、スプリング)の品質、体型に合った硬さ、そして最初の感覚です。

    体型に合ったマットレスを選ぶことは大切です。 あなたに合ったマットレスを選ぶために、寝具屋では比較表(体重/身長指数)があります。 一般的に体重が軽い人ほど柔らかいマットレスが向いてます。 逆に重い人ほど硬いマットレスを選ぶべきです。

    またマットレスの密度と厚さも重要です。マットレスの中央部に材料が少ないと、密度は低いです。 体重や毎晩排出する暑さや湿気の影響で、低密度のベッドは壊れやすいです。 フォームマットレスとラテックスマットレスの平均厚さは15〜20 cmです。 マットレスは厚いほど裏地は上質です。 厚さが20cm〜25cmのスプリングマットレスの場合は、23cm以上がおすすめです。

    寝心地や座り心地も大切です。 レセプションは、マットレスに落ち着いたときに感じる最初の感覚で、 マットレスの材質(ウール、リネン、シルク)に関連しています。 またサポ-トは、とても重要です。 それを構成する技術に関連しています。 レセプションは重要ですが、優先事項として考慮すべきなのはサポートの方です。

  • マットレスの大きさの選択?

    マットレスの大きさは、ベッドを選ぶ時に必須な選択基準です。 多くの人は、自分のサイズや形態に合っていないマットレスの上で寝ていることに気づいていません。 それでは高品質のマットレスでも、質の高い睡眠を得ることができません。 これを避けるために、マットレスのサイズを選ぶ簡単な規則があります。

    ベッドの長さは、あなたの身長に応じて選択されます。 足がベッドから出ないように、自分より15cm以上長いベッドを選択してください(1.75mから200cmのマットレスを選びます)。 幅は1人用か2人用か、また快適さによって異なります。 私たちは一晩に約40回寝返りするため、マットレスの幅はとても重要です。

    1人 2人
    70 x 190 cm 140 x 190 cm
    70 x 200 cm 140 x 200 cm
    80 x 190 cm 160 x 200 cm
    80 x 200 cm 180 x 200 cm
    90 x 190 cm 190 x 200 cm
    90 x 200 cm 2 x 80 x 200 cm
    100 x 190 cm 2 x 90 x 200 cm
    120 x 190 cm 200 x 200 cm

    寝ることとは別にマットレスは、あなたが寝ている間の動きを吸収する能力があります。 人は寝ている間に30回から40回寝返りすると言われています(2人で60回から80回)。 そのため、マットレスを選ぶ時に高密度のタイプがおすすめです。 あなたとパ-トナ-の動きを緩和します。 別の解決策:1つではなく2つのマットレスを選ぶ。 ホテルの寝具と同様に、2つのマットレスを1つのマットレス台上に組み合わせることができ、寝心地のよさを実感できます。

  • マットレスのタイプ?

    各マットレスのタイプは習慣、ニーズ、形態に対応していますが、品質の点では同じです。スプリングマットレス、ラテックス、フォ-ムまた形状記憶などのタイプがあり、二-ズによって選択します。天然ラテックスとコルク顆粒などを組み合わせるメ-カ-もあります。こちらがマットレスのタイプのについての説明です。

      

    Twilsのスプリングマットレス

    スプリングマットレス :このタイプのマットレスは特に汗をたくさんかく人に向いています。通気性が良く動きの吸収が良いからです。 スプリングの種類には、バイコニカルスプリング、ポケットスプリングまた連続スプリングなどがあります。 バイコニカルスプリングは、支えの面で優れています。 肥満型の人や心地よさを望んでいる人におすすめです。 ポケットスプリングは、スプリングの数が多く、それぞれのスプリングが個別に反応します。拡散したサポートゾーンで睡眠中に大きく動く人には特にお勧めです。 連続ワイヤーのメッシュから作られた連続ワイヤーのスプリングは、しっかりした快適さを提供します。 スプリングの性質には関係なく、数が多いほど快適です。

      

    Dormienteのラテックスマットレス

    ラテックスマットレス :ラテックスの強みはその快適さです。 パラゴムノキは柔軟性が高いため寝心地が良く長持ちします。 自然素材や合成素材由来のラテックスマットレスは、低刺激性なため、アレルギ-体質の人におすすめです。 一般的に背中が悪い人にある人におすすめです。 穴や小さなくぼみがあるラテックスマットレスは通気性が非常によく、湿度管理に優れています。 密度が高いため2人で寝ていてもしっかりと支えてくれます。

       

    Golden Nightのフォームマットレス

    フォームマットレス : フォ-ムにはポリウレタン、高反発、形状記憶などの種類があります。 その中での共通点は35kg/m3以上の密度があると、体をしっかり支えてくれます。 そのため弾力性や快適性により優れた高弾性フォームH.R / H.Dを選びましょう。 時が経過してもその弾力性は持続し、値段もより手頃な価格です。 子供や体重60kg未満の人には、35Kg /m³より低い密度のものを選びましょう。 密度が高いほどマットレスは快適です。 フォームマットレスのその他の長所:その重さ ラテックスやスプリングモデルよりも軽いので、取り扱いや移動が簡単です。 マットレスの軽さは、一人暮らしの人や背中に問題がある人には大切な条件です。

        

    Golden Nightの形状記憶式マットレス

    形状記憶マットレス:粘弾性フォームは記憶フォームとも呼ばれ、腰痛を効果的に軽減したり体温に反応し、体の形態に適応します。 フォームは直接また裏地の下に適用され、全身を快適にサポートします。 本来NASAによって離陸中に宇宙飛行士が受ける圧力を軽減するために作られた、この非常に高密度なポリウレタンフォームは、体の形態に完全に適応し、50 Kg/m³から80 Kg/m³の密度で圧力点を制限します。そのため睡眠の質が改善されます。

    様々なタイプのマットレス :

    • スプリングマットレス
    • ラテックスマットレス
    • フォームマットレス
    • 形状記憶式マットレス
  • マットレスの厚さはどう選ぶか?

    一般的に厚めのマットレスは最も人気があり、特に20〜30cmの厚さのものが一般的です。 マットレスの長所を最大限に引き出すには、最低14 cmの厚さが必要です。 理想的な厚さは14cm〜20 cmで、マットレスを簡単に裏返しできます。 平均的厚さのマットレスのその他の利点:シ-ツをマットレスの上に敷くのが簡単な点。

    • 厚さ14cm-18 cm
      厚さが14cmから18cm のマットレスは折りたたみ式ベッドやソファーベッド、ベビ-ベッドに最適です。 このタイプのマットレスはあまり快適ではありませんが、簡単に収納できます。 マットレスの厚さの選択は、使う人の体重によって異なります。 体重が重い人ほど厚いマットレスを選ぶべきです。
    • 厚さ20cm-25 cm
      厚さが20cmから25cmのマットレスは下地の質が良いことを条件に、十分な快適さを提供します。 フォームやラテックスマットレスは密度によって柔らかい場合と弾力性がある場合があります。 お好みのタイプと快適さに応じたマットレスを試しましょう。 背中の痛みがある場合は、マットレスや形状記憶マットレスは密度が高いものを選択してください。
    • 厚さ25cm以上
      25 cm以上のマットレスは、より快適な睡眠を提供するように設計されています。 非常に厚く、快適でベッドの耐久性と換気に関しても優れています。 このタイプのマットレスはカップルにとって理想的で、睡眠中に相手の動きを感じません。 短所は定期的なメンテナンスが必要なことです。
  • いつマットレスを交換するべきか?

    少なくとも10年ごとにマットレスを変える必要があります。体の状態で交換するかどうかが分かるので、寝具の購入年から正確に数える必要はありません。目覚め時に背中にこわばりや腰痛があるのでは、マットレスの状態はよくありません。その外観も見てください。空洞や壊れた部分などに気付いたら、それは交換する時がきたということです。
    その際には、マットレスと同時にマットレス台を変更することをおすすめします。寝心地の良さとマットレスの寿命に大きな影響を与えるマットレス台も、良い寝具の重要な要素です。マットレス台にはいくつか種類があります:スラットフレーム、ボックススプリングまた電動タイプなどです。

  • マットレスを持続させるには?

    新しいマットレスを設置したら、それを可能な限り長持ちさせるために、ベストな環境の中で維持することが大切です。マットレスとベッドリネンが細菌とダニの巣になり得ることを覚えておきましょう。

    さらに一晩中汗をかいている間に失った水分は、私たちのマットレスに入り込み、細菌やカビが成長する湿った環境を作り出します。定期的な掃除に加えて、寝具の状態を健全に保つための習慣が必要です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です