キッチン用水栓について

水栓は、キッチンの中で最も使用されているものの1つです。そのため長期間使用できるモデルを見つけることが重要です。キッチン用の水栓は頑丈で、簡単に水の流れと温度を調整できる必要があります。
最新の技術により、水栓の隔操作まで可能になりました。水とエネルギーを節約できる水栓もあり、一部には浄水機能もあります。

キッチン用水栓を見る

  • キッチン用水栓の選び方

    キッチン用水栓は、そのタイプや機能、オプションなどから選ぶことができます。

    まず最初に選ぶのは蛇口の種類です。例えば水栓にはシングル混合栓、ツーバルブ混合栓単水栓 などがあり、ArchiExpoでは幅広い水栓のタイプを紹介しています。 また、自分の好みに合わせてカスタマイズすることも可能です。

    次に水栓選びに必要な5つのポイントをご紹介します:

    1. 水栓のタイプ
    2. 素材
    3. 形状と水栓取り付け穴の数
    4. 水とエネルギーの節約機能
    5. 最近の傾向
  • シングル混合栓とツーバルブ混合栓

    水栓にはハンドルが1つのタイプと2つのタイプがあります。 シングル混合栓にはハンドルが1つしかありません。そのため片手で水の流れと温度を制御できます。 またツーバルブ混合栓には、温水と冷水の流れを調整するために2つのハンドルが含まれています。

    水栓にはハンドシャワーを設置することもでき、 手持ち型シャワー付きシングル混合栓は、お皿洗いや野菜を洗う場合に便利です。 節水用の高精度な制御バルブを備えたシングル混合栓は、特におすすめです。

    以下は、シングル混合栓とツーバルブ混合栓の長所と短所の比較です。

    1. シングル混合栓

    ハンドルが1つなので使いやすく、 設置が簡単にでき、必要な温度と流量を簡単に得ることができます。また現代風なキッチンによく合います。 ただしハンドルが1つしかない混合水栓は、ハンドルが2つある混合水栓よりも水漏れしやすい傾向があります。  

    1. ツーバルブ混合栓

    温水と冷水用の2つのハンドルがあり、温度調節を自分で行う必要があるため、使い勝手があまりよくありません。   設置には時間がかかりますが、自分で行うことができます。 デザインはクラシックなスタイルで、一般的に業務用キッチンで使用されています。

    ROCAの混合栓

    ROCAの混合栓

    Armando Vicarioの混合栓

    Armando Vicarioの混合栓

  • 水栓の素材について

    水栓の素材で、水栓自体の寿命と耐久性が決まります。 多くの台所水栓には、セラミック、プラスチック、ガラス、または複合素材などが使われていますが、最も一般的な素材は、 長持ちするクロムメッキ金属、青銅、サテンニッケルめっきなどです。 

    クロムメッキ金属の水栓は掃除が楽なため、特に業務用キッチンに使用されています。 価格は高めです。 ニッケル製水栓は、つや消し、ステンレス、サテン仕上げなどが施されている場合があります。 耐久性がありますが、指紋や水滴の跡が残りやすいため、定期的な掃除が必要です。   青銅製の水栓は、昔から使用されています。 青銅製の水栓を購入したいけれど、予算が限られている場合は、エポキシコーティングが施されたものをお選びください。

    最も選ばれている素材 :

  • 形状や穴の数とそのサイズ

    水栓の形状を選択するには、シンクの形とキッチンのデザインを考慮する必要があります。 台所水栓を取り付けるには、キッチンの天板に穴を開ける必要があります。 水栓を正しく機能させるためには、まず水栓の穴経と、循環する水の圧力を確認することが重要です。 水栓のサイズを間違えないように、取り付ける領域を測定してから、形状を選択します。 次にお好みの素材を選択します。

    多くの水栓には最低0.1barの圧力が必要なので、台所水栓を購入する前に水圧を確認することが重要です。  

    水栓には、「ボディ」と呼ばれる部分があり、その上に注ぎ口が取り付けられています。 シンクのスタイルと使用者のニーズに応じて、様々なタイプの注ぎ口を選択できます。 シンクが広い場合、表面全体をカバーする長い注ぎ口の水栓を選択することをおすすめします。 シンクが浅い場合は、食器をきちんと洗えるように、高さのある注ぎ口を選択しましょう。  

  • 水とエネルギーを節約するには?

    キッチンの水を節約するには、水流に気をつけること、 また異常があればすぐに修理して水漏れを防ぎ、使用していない時に蛇口を開いた状態にしないなどの、予防措置を取ることが不可欠です。

    以下は、キッチン用水栓の水とエネルギーを節約するためのアドバイスです :

    1. シールとバルブが正しく機能していることを確認することで、水漏れを防ぎます。 
    2. お湯を少なくしてエネルギーを節約します。 2つのハンドルを備えた混合栓の場合は、一度に両方のハンドルを回さずに、片方づつ回すことで、水とエネルギーを節約できます。
    3. 新しい水栓を購入する代わりに、エアレーターを取り付けます。 水栓を交換して水とエネルギーを節約したい場合は、交換する前にまずエアレーターを設置することをおすすめします。 エアレーターは、空気を低流量の水に取り入れることができるため、水の消費量を削減できます。 エアレーターを取り付けることで、水栓全体を交換する必要がなくなります。
    4. 最新の水栓を使うことで水とエネルギーを節約する。 最新の技術では、水の消費量とフィルターの寿命が確認できるため、水とエネルギーを節約できます。 また手の動きが検出された時のみに、水を流す赤外線付き混合栓あります。
    5. サーモスタット水栓を選ぶ。 キッチン用水栓の平均流量は、毎分12リットルです。 サーモスタット水栓では、従来の混合栓よりも、早く目的の温度に達することができます。 サーモスタット水栓を使用すると、目的の温度に達するまでの水量を減らすことができます。
  • 最近の傾向

    最新の技術により、センサーを備えたキッチン用水栓が登場しました。 最新のキッチン用水栓をいくつかご紹介します:

    • スマートフォンのセンサーとアプリケーションで遠距離操作 ができる。
    • 水流と温度を同時に調整するタッチセンサー式水栓
    • ブラッシュドブラスやローズゴールドなどの現代的なデザイン と新しい仕上げの水栓。 現在Kohlerのようなメーカーは、蒸気による傷や変色を防ぐ、キッチン用水栓を販売しています。
    • 多機能型キッチン用水栓は、頑固な汚れを取り除く強力ジェットのスプレーシステムを備えています。 360度回転する水栓もあり、磁気システムで元の位置に戻ることができます。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です