建築のオンラインサロン

絨毯を正しく選択するには

絨毯には無地のものやモチ-フ入のものがあります。 既製で購入することも、オ-ダ-メイドすることもでき、様々な素材から選べます。 手作りの絨毯は品質が高いことで知られていますが、一般的に高価です。 この購入ガイドをお客様の絨毯選びに是非ご利用ください。

絨毯を見る

  • どのように絨毯を選択するか?

    理想的な絨毯を選択するには、サイズ、形状、素材、色、モチ-フを決めることが重要です。これらの選択は、絨毯を敷く場所によって異なります。絨毯を敷く場所の面積を測ることで、絨毯のサイズが決まります。 絨毯には様々な形状があります。長方形円形楕円形不規則な形などがあり、見た目も楽しいです。 サイズが決まったら、素材、色、デザインを選択します。 このガイドでは、絨毯の製造に使用される技術や手入れの仕方について説明します。

    • どこに絨毯を敷くか 
    • サイズ 
    • 形状 
    • 素材 
    • 色やモチ-フ
    • 製造技術 
    • 手入れの仕方 
  • リビングの絨毯はどう選ぶか?

    リビング用の絨毯の選択は、敷く場所に関わっています。 絨毯のサイズは、リビングのサイズと配置する場所によって異なります。 リビングの中央や隅に置いたり、床の大部分をカバーするサイズもあります。 リビングの家具が無地の場合は、柄のある絨毯をお勧めします。 家具が布張りされていたり、デザイン入の場合、単色の絨毯を選ぶのがいいでしょう。

    BY LONGHIのモチ-フ入絨毯

    BY LONGHIのモチ-フ入絨毯

    OBJECT CARPETの単色絨毯

    OBJECT CARPETの単色絨毯

    • モチ-フのあるリビングルーム:単色の絨毯を選んでください。
    • モチ-フのないシンプルリビングルーム:モチ-フ入りの絨毯を選んでください。
  • 寝室の絨毯はどう選ぶか?

    寝室用絨毯の選択は、部屋のサイズとスタイルから決定します。例えば毛皮やウールなどの柔らかい素材で作られた、濃い色の絨毯がお勧めです。 ベッドの下から広げる場合は大きめなものを選ぶか、ベッドの両側に置く小さな絨毯を選びます。

    • 毛皮またウ-ル:親密な雰囲気を出してくれます。
    • 大きな絨毯:ベッドの下に置き、はみ出た部分が見えます。
    • 小さい絨毯:ベッドの両側に置きます。
  • 洗面所の絨毯はどう選ぶか?

    洗面所に置く絨毯は、部屋のサイズとスタイルによって異なります。洗面所が小さい場合は、明るい色の絨毯を選択して、スペ-スが大きく見えるようにします。湿気があるため、吸収性が低く、乾きやすい絨毯を選ぶことが重要です。 ナイロンポリプロピレンなどの合成繊維で作られた絨毯は、汚れに強く、カビを蓄積しません。 ウール製の絨毯は乾きにくく、吸収性が高いことから使用しないでください。

    • 明るい色:ちいさい洗面所を大きく見せてくれます。
    • 合成繊維 :耐汚染性/かび
    • ウールは不向き:液体を吸収し、すぐに乾きません
  • 絨毯に使用される素材は何か?

    絨毯の素材には布地プラスチック天然繊維動物の皮、金属、木材、複合素材などがあります。 ウールは屋内に人気がある素材であり、ナイロン、ジュート、天然繊維は屋外に人気がある素材です。 家の中で屋外用絨毯を使用することはできますが、素材を傷つけるため、屋内用絨毯を屋外に置くことはお勧めできません。

    ウ-ル製絨毯は流行の素材です。ナイロン製絨毯コウマ製絨毯自然繊維絨毯は外用の絨毯で、現在最も人気があります。

    • 屋内用絨毯の人気素材 : ウール
    • 屋外用絨毯に人気の素材 :ナイロン、ジュート、天然繊維素材
  • 色とパタ-ンについて知っておくべきこと?

    デザインを選ぶことが難しい場合、絨毯をしく場所にある色を選んでください。模様のあるカラフルでデザインの入った家具がある場合、単色の絨毯を選択してください。かなりシンプルな場合は、目立つ絨毯を選びましょう。

    • 装飾が多い部屋 :普通の絨毯がおすすめです。
    • シンプルな部屋 :モチ-フ入りでカラフル、また凝ったデザインがおすすめです。
  • 手作りの絨毯について知っておくべきこと?

    産業用機械を使用して結び目を作ることができるため、手作りの絨毯を探している場合は、それを明確にしましょう。手織りの技術には、個々に結び付けられて織られた結び目が含まれます。 手織りの絨毯を作るには、たて糸が垂直に走り、 よこ糸は水平方向に走り、絨毯の縁を形成します。縁は絨毯を保護し、織機に糸を通した後、緯糸がたて糸に織り込まれ、絨毯の基礎が作られます。 羊毛や絹の撚り糸を織機で結び、切断し、結び、締めます。

    • 可能なノット数: : 40〜2000
    • 1000ノット以上 :より値段が高い可能性があります。
  • タフト織りと織物の技術の違いは何か?

    タフト織りは、ニードル(針)によってミシンの原理で基布にパイルを植え込む機械です。

    織布は、織機でたて糸とよこ糸を織り交ぜることによって作られます。 この手法は、手で機械を使用する場合は針で材料を編む必要があります。

  • ループパイルとカットパイルのどちらを選択するか?

    ループパイルは、カットされていない糸のループから作られています。 この技術により、絨毯は滑らかになり、糸はしっかりと固定されます。 カットパイルは、カットされた糸のループで構成されています。 この技術は糸を緩めたままにします。

  • 絨毯の正しい手入れの仕方?

    定期的に掃除機をかけることをお勧めします。掃除機は、絨毯内のほこりを吸引し、絨毯を清潔な状態に保つことができます。掃除の際に、絨毯の素材を傷つけたり、色を消す化学物質を含む製品は避けてください。 屋外用絨毯の場合、手入れの頻度は屋内のそれに比べて少なくなりますが、屋外用絨毯も、常に掃除機で掃除してください。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です