カウンタートップを正しく選ぶには?

理想的なカウンタートップを探す時に、考慮すべき重要な要素は素材です。 カウンタートップは、素材そのものや自然の素材から作ることができ、石、木、合じゃくりなどが再び人気となっています。

カウンタートップを見る

  • どのようにカウンタ-トップを選ぶか?

    適切なカウンタートップを選ぶには、材料、技術的特徴、厚さなどについて考慮する必要があります。このガイドでは、カウンタートップを正しく選択するための方法についてご説明します

    • 素材
    • 技術的特徴
    • 厚さ
    • 選択ミス
  • カウンタートップに使われる素材とは?

    カウンタ-トップの正しい選択は、素材を知ることから始まります。使用される主な素材は、石、水晶、ガラス、ラミネートです。これらの素材に加え、ArchiExpoウェブサイトでは、木材、コンクリート、テラコッタ、プラスチックなどの素材で作られたカウンタ-トップも展示しています。

  • 石製のカウンタ-トップとは?

    石の種類には花崗岩、石けん、大理石などがあります。

    花崗岩製のカウンタートップは高価ですが、需要の増加により価格が下がりました。
    +ほぼ熱を通さない
    +強く耐久性がある
    +不動産的な価値を上げる

    – 高価 ソープストーンも人気が高まっています。 ダークグレーで質が滑らかなため、現代のキッチンに最適です。
    +壊れにくく、汚れに強い
    +不動産的な価値を上げる
    –鉱油で処理する必要がある
    –時間が経つにつれて傷つく場合がある

    大理石は、キッチンのカウンタートップとしてエレガントに見えますが、汚れたり傷が付きやすいです。
    +防水性と耐熱性がある
    +不動産的な価値を上げる
    –傷がつきやすい

     

    Cosentinoの花崗岩製カウンタ-トップ

  • クオ-ツ製のカウンタ-トップとは?

    クオ-ツ製のカウンタ-トップは、DuPont社やLeicht社から販売されています。 水晶とその他の鉱物から作られており、スラブ成形され、樹脂で結合されています。 非多孔質で耐汚染性の水晶は、花崗岩と大理石に代わる優れた素材です。

    +非多孔質、汚れや傷に強い
    +工事が簡単
    – 高価
    – 非常に重い

    Staronのクオ-ツ製のカウンタ-トップ

    Staronのクオ-ツ製のカウンタ-トップ

  • ガラス製のカウンタ-トップとは?

    ガラス製カウンタ-トップは様々なスタイル、色、質から選べ、ガラスは最も汎用性の高い素材の1つです。 樹脂と混合したガラス片をプレート状にします。曲線やまっすぐなラインにすることができ、他の素材とも組み合わせることができます。 LEDライト付きやデザインを意識した色を取り入れたタイプもあります。

    +耐久性、非多孔性、耐熱性がある
    +環境にやさしく、手頃な価格
    –亀裂やへこみが発生しやすい

    ThinkGlassのガラス製カウンタ-トップ

    ThinkGlassのガラス製カウンタ-トップ

  • ラミネートカウンタートップとは?

    石、水晶、ガラスなどの素材よりもランクが低いと見なされるラミネートは、手頃な価格で入手しやすいため、人気が高まっています。 何千もの色、スタイル、パターンがあり、レトロな雰囲気とモダンな外観の両方のキッチンと合います。 滑らかな表面を持つプラスチックコーティングされた合成繊維で、掃除が簡単です。 ラミネートフィルムをパーティクルボードに接着することで作られます。店頭にあるものをそのまま買うか、オ-ダ-メイドでの注文ができます。 ラミネートの欠点は、継ぎ目が常に見えることで、仕上げの印象が悪くなる点と、表面が傷付きやすく、時間が経つと修復が困難になることです。

    Polyreyのラミネート製カウンタートップ

    Polyreyのラミネート製カウンタートップ

  • カウンタートップの特徴?

    カウンタートップには様々な特性があるため、ご希望の特性を全て備えたものを見つけることは困難です。ですが、防汚性耐摩耗性 を備えたリサイクル素材 を使用したカウンタ-トップや耐熱性抗菌機能を備えたリサイクル可能 なカウンタートップ、また耐霜性オリジナルデザインまたカスタム設計 されたものもあります。 上記を含むカウンタ-トップをArchiExpoArchiExpoウェブサイトで見るけることができます。 カウンタ-トップ を検索バ-から検索し、 その他の特性 タブをクリックして、必要な特性を選択します。

  • 作業台の厚さを選択する方法?

    作業台の厚さで、カウンタ-トップの寿命と耐久性が決まります。多くのメーカーは、石英と花崗岩製のカウンタートップの理想的な厚さは3 cmであると考えています。厚さ1cmまた2cmを選択することでコストを削減できますが、厚さ3cmのカウンタートップを使用する利点は、耐久性が向上することです。予算が限られている場合や料理をあまりしない場合は、石や花崗岩ではなく、ラミネートまたは木材で作られた1cmのカウンタートップで十分です。厚さ1cmのカウンタートップは、花崗岩、石英、大理石などの高級素材で作られたカウンタ-トップほど長持ちしないので、数年で交換することになります。

  • カウンタ-トップの選択ミスを避ける方法は?

    カウンタートップを選ぶ前に、以下のことを忘れずに行いましょう:

    • 色を選ぶ。キッチンの配色によってカウンターの色が決まります。調和のとれた環境を作るために、キッチンのテーマを引き立てる色を選択してください。
    • スタイルを選択する。 モダンなキッチンにしたい場合は、黒いステアタイト製がおすすめで、ビンテージなキッチンにしたい場合は、ベージュや砂色の大理石がおすすめです。
    • 照明について考える。 キッチンに自然光が入らない場合は、金色のアクセントや明るい色のパッチと斑点のあるカウンタートップがおすすめです。キッチンスペースが自然光に包まれている場合は、カウンターの色をより暗くすることを検討してください。
    • 継ぎ目ついて調べる。 キッチンの作業台に継ぎ目が生じないように、カウンタートップのサプライヤーまたメーカーに相談してみましょう。
    • 素材を選択をする。 厚さを決める前に、カウンタートップの素材を決定する必要があります。花崗岩、石、石英、大理石のカウンタートップは、木材、ガラス、ラミネートに比べて高級な素材です。予算を確認し、キッチンに適した素材を選びましょう。
    • 厚さを選ぶ。前述したように、石や花崗岩などの高級素材には3cm、ラミネート、木材、ガラスなどの素材には1cmまた2cmが理想的な厚さです。
  • オリジナルなカウンタートップにするには?

    オリジナルなカウンタートップを実現するためには、流行の素材、変わった形や質、照明、スマートテクノロジーなどを取り入れましょう。

    キッチンの素材に関しては、基本に戻る傾向があります。木材などの原材料で作られたカウンタートップや、モダン、クラシック、ビンテージなどのスタイルのキッチンが再び流行となっています。また自然光が入りやすい大きなガラス窓や、折りたたみ式のドアシステムが人気です。他の部屋に開放され、より開放的で爽やかな空間が生まれます。

    LED照明はカウンタートップにも採用されており、多くのメーカーがキッチンに色合いを与えるために利用しています。携帯アプリを備えたタッチスクリーンディスプレイなどのスマートテクノロジーも取り込んでいます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です