浴槽用水栓を正しく選択するには

浴槽用水栓の選び方次第で、入浴の満足度が変わります。また水栓で浴室の雰囲気も変わります。最近では、LEDディスプレイを搭載したモデルも存在します。温度と水流制御機能を搭載したモデルは、水とエネルギー消費量を削減することができます。

浴槽用水栓を見る

  • 浴槽用水栓の選び方

    浴槽の水栓を選ぶには、水栓の種類や素材の違いだけでなく、設置方法やメンテナンスの仕方についても知っておくことが重要です。

    以下は、浴槽用水栓探しに役立つ5つのポイントです。

    • 2ハンドル混合水栓かシングルレバー混合水栓
    • 素材
    • シャワーヘッドまたはシャワーコラム
    • 設置
    • メンテナンス
  • 2ハンドル混合水栓かシングルレバー混合水栓

    浴室の水栓には、シャワー用と浴槽用の2種類があります。 最も一般的な水栓は、2ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓、サーモスタット混合水栓です。

    • 2ハンドル混合水栓 : 冷水と温水の2つのハンドルが付いた水栓です。 このタイプの水栓の欠点は、必要な温度に達するまでに時間がかかり、 冷水と温水の流量をそれぞれ調整する必要がある点です。 水とエネルギーの両方を浪費するため、あまりおすすめではありません。
    • シングルレバー混合水栓 : 温度と流量の両方を制御するレバーが1つあります。しかし、サーモスタット混合水栓と比べて温度設定の精度が低く、安定性に劣ります。 火傷の危険を避けるために、浴室用水栓には温度制御機能が付いているものもあります。 また、水の消費量を抑える流量制御機能付きのモデルあります。
    • サーモスタットシングルレバー混合水栓 : 自動的に給水量を調整することで、お湯が熱くなったり冷たくなったりすることなく、安定した温度のお湯を得ることができます。 火傷防止のために、ある一定の温度以上にはならないようになっています。 最も安全なシステムなので、特に子供や身体障害者の方に適しています。
    NOKEN PORCELANOSA BATHROOMSの2ハンドル混合水栓

    NOKEN PORCELANOSA BATHROOMSの浴槽用2ハンドル混合水栓

    Riluxaの浴槽用シングルレバー混合水栓

    Riluxaの浴槽用シングルレバー混合水栓

    Guglielmiのサーモスタット式シングルレバー混合水栓

    Guglielmiのサーモスタット式シングルレバー混合水栓

  • 浴槽用水栓に使われる素材について

    選ぶ素材は、主に好みと浴槽のスタイルによって異なります。 浴槽の水栓の素材には金属ガラス、セラミック、コンクリート、石および木材などがあります。 金属は最もよく見られる素材です。 クロムめっき金属は、耐久性のある素材で長持ちします。 その他の金属製の水栓も、ニッケル、ゴールド、またはサテン仕上げのスチールで仕上げることができます。  

    ガラス製の浴槽の水栓は、モダンな雰囲気を出すことができますが、 損傷しやすく非常に高価です。 

  • シャワーヘッドについて

    独立型浴槽にはシャワーヘッドまた1.25〜2メートルのシャワーホースに接続されたハンドシャワーが備えられています。 シャワーヘッドは、シャワーバーとも呼ばれる支持体に取り付けることができ、シャワー中の快適さを保証します。

    シャワーヘッドは、ハンドルを持つことができるため、すすぎがより簡単にできます。 シャワーヘッドは、特に小さな浴槽や狭いスペースに適しています。 浴槽の掃除にも便利です。

  • シャワーコラムについて

    シャワーコラム は、シャワーヘッドをオーバーヘッドシャワーにすることができます。 シャワーコラムの中には、シャワーヘッドとヘッドシャワーを同時に使用できるタイプのものがあります。

  • 水栓設置方法について

    壁上水栓、カウンタートップタップ上水栓、スタンド式水栓、統合式水栓など、様々なタイプの設置方法から水栓が選択できます。 浴室の構成、浴槽の形状、また水栓を設置する場所も選択の重要な要素に入ります。

  • 独立型浴槽用水栓について

    GRAFFの独立型シングルレバー混合水栓

    混合水栓

    独立型の水栓には 「 スタンド式 」のものもあります。 スタンド式水栓は、床に固定されていて、浴槽の縁より内側にヘッドがくるように設置されています。 給水は地面を介して行われるため、設置がより複雑になります。 水栓は浴槽に取り付けられていないため、浴槽上に穴を開ける必要はありません。 このタイプの設置は、浴槽から離れすぎない限り水栓をどこにでも配置できるので、より自由です。

  • 壁上水栓について

    wall-mounted-bathtub-mixer-tap-bu-CRISTINA-RUBINETTERIE.jpg

    CRISTINA-RUBINETTERIEの壁上シングルレバー混合水栓

    このタイプの設置では、浴槽の側にある壁に水栓を取りつけなければなりません。 水栓は浴槽に取り付けられていないため、浴槽上に穴を開ける必要はありません。 壁上水栓 は、床下の工事が難しい場合におすすめです。 給水は壁の後ろにあるパイプを通して行われます。

  • カウンタートップ上の水栓について

    Ritmonio Rubinetterieの2ハンドル混合水栓

    Ritmonio Rubinetterieの2ハンドル混合水栓

    このタイプの水栓の取り付けは、浴槽の縁か浴槽の周囲になります。 統合型浴槽やジャグジーには、通常カウンタートップ上水栓が使われています。

    カウンタートップ上の2ハンドル混合水栓を設置するには、少なくとも穴を3つ開ける必要があります。 一般的にカウンタートップタップ水栓には、シャワーヘッドが取り付けられています。この場合、4番目の穴を開ける必要があります。

  • メンテナンスについて

    水栓を選択する前に、各素材のについてよく知ることが重要です。 一般的に金属製の水栓は掃除がしやすく、毎日のお手入れもほとんど必要ありません。 マット仕上げのものは掃除に時間がかかります。 次はメンテナンスのアドバイスです :

    • 水栓の掃除を頻繁にすること。
    • バルブ、ホース、ハンドルの点検をすること。
  • 最近の傾向

    最新の技術の進歩により、革新的な仕上げとスマート機能を備えた浴槽水栓が開発され、入浴体験をより豊かなものにしています。 次は最新の浴槽用水栓です。

    • 節水型の渦効果。 
    • スマート浴槽の水栓。 
    • 金属製水栓の仕上げとして、ローズゴールド仕上げとブラッシュドブラス仕上げの2種類が登場しました。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です