照明スイッチの選び方

スイッチは、電源をオン・オフにすることでローラーシャッターブラインド換気扇など、多くのものを制御するために使用されています。 このガイドでは、照明スイッチの選択方法について説明します。 照明スイッチは、国によって設置の安全基準が異なることに気をつけましょう。 照明スイッチの中には、省エネに適したスイッチもあります。詳細については、このガイドをご覧ください。

照明スイッチを見る

  • 照明スイッチの選び方

    照明スイッチを選ぶには、使用用途が商業用または住宅用であるか、どの部屋にスイッチを設置するかなどについて、考える必要があります。 このガイドでは、照明スイッチの選び方について説明します。

    • タイプ
    • 素材、スタイル、仕上げ
    • 設置
    • 埋め込み型と表面実装形
    • 構成
    • 3ウェイまたは4ウェイスイッチ
    • 安全
    • 流行
  • 照明スイッチの種類について知っておくべきこと

    照明スイッチの種類を選ぶ際には、使いやすさ、スタイル、機能などを考慮する必要があります。 以下はスイッチの様々なタイプです。

    • 押しボタン:スイッチ ボタンを押すことで電源のオン・オフを行うことができます。 瞬間的またはラッチングアクション機能を持つモデルもあります。 ボタンは多くの場合、金属またはプラスチックでできています。
    • トグルスイッチ: 上下に動かすことができるレバーで構成されています。
    • ロッカースイッチ:   操作ボタンの両端を交互に押すことで電源のオン・オフを行います。
    • ロ-タリースイッチ: その名前の通り、回転することで電源のオン・オフができます。
    • タッチスイッチ: その名前の通り、スイッチの表面に触れることで、電源のオン・オフができます。
    • 自動スイッチ: 動きを検知するセンサで、自動的に電源をオン・オフにします。
    • キーカードスイッチ: 一般的にホテルで使用されており、カード差し込み口にカードが挿入されると、部屋の照明スイッチがオンになります。 部屋に人がいないときは、照明はオフになっているため、電気を節約できます。
    • キーロックスイッチ: 一般的なドアキーと同じように、スイッチロックにキーを挿入して回すと、照明がオンになります。
    • 遠隔操作スイッチ: リモコンを使って照明を操作することができます。
    • プルタイプ: ひもやチェーンを引っ張ることで、スイッチをオン・オフにします。 一般的に天井の照明に使われています。
     RETROTOUCHのタッチライトスイッチ

    RETROTOUCHのタッチライトスイッチ

     Llinàs BCNのロ-タリー照明スイッチ

    Llinàs BCNのロ-タリー照明スイッチ

     MELJACトグル照明スイッチ

    MELJACトグル照明スイッチ

    DORMAKABAキーカードスイッチスイッチ

    DORMAKABAのキーカードスイッチ

  • 調光スイッチとは?

    その名の通り、調光スイッチは照明の明るさを変えることができ、読書やパソコン作業、映画鑑賞など、異なる光の強さを必要とする活動に使用される部屋に便利です。調光スイッチを選ぶ際には、まず光源の種類に対応しているかどうかを確認してください。白熱灯用の標準的な調光スイッチは、動作の仕方が異なるため、LEDを使用している場合は、LEDに適した調光スイッチでなければなりません。

  • スマートスイッチについて

    スマートスイッチはスマートフォンのアプリで操作ができ、またバーチャルアシスタントを使った音声操作も可能です。メーカーにもよりますが、Amazon Alexa、Google Assistant、IFTTTで音声操作が可能です。自宅やビルのWi-Fiに接続することで使用できます。

  • 素材やスタイル、仕上げのオプションについて

    スイッチやプラグソケットの素材やスタイルは、予算に合わせてさまざまなデザインを見るけることができ、空間に合わせてお選びいただけます。 スイッチは金属製プラスチック製ガラス製磁器製木製石製などの様々な素材から選べます。 現代的なスタイルのスイッチは、最大の材料の範囲で利用可能ですが、伝統的なスイッチは、多くの場合磁器真ちゅうデュロプラストなどの素材から作られています。 また金属風金めっきクローム風,シルバー風、ガラス風、石風、革風、擬木などの、様々な見た目からも選べます。

    BIRONIの木製照明スイッチ

    BIRONIの木製照明スイッチ

     LUXONOVの真ちゅう製照明スイッチ

    LUXONOVの真ちゅう製照明スイッチ

    DUOTECNOのガラス製照明スイッチ

    DUOTECNOのガラス製照明スイッチ

  • 照明スイッチの設置場所について

    照明スイッチの取り付け方法については、国ごとに規定があるので、必ず自分の国のものを確認しましょう。階段や廊下に設置する場合は、床からの高さが決まっていたり、スイッチを取り付けられる数が決まっていることがあります。
    水回りにスイッチを設置する場合は、シャワーや洗面台、トイレからの最短設置距離など、地域の法規制が守られているかどうかを確認しましょう。屋外では、防水加工されたスイッチやコンセントが必要になる場合もあります。

  • 埋め込み型と表面実装型

    照明スイッチを選択する際には、用途に合った設置方法を検討することが重要です。 埋め込み型スイッチは、壁や乾式壁の中空の開口部に設置されます。スイッチはケーブルや配線に接続され、壁の溝や乾式壁の中空に組み込まれた導管を通ります。 この設置方法は、多くの場合、新築や改装のために使用されます。 埋込み型スイッチを設置するには、壁に照明を接続する必要があり、またのこぎりやドリルビットを使用し穴を開ける必要があるため、電機工に任せることをおすすめします。

    表面実装型スイッチは、自宅よりも商業施設や屋外で使用されることが多いです。

     AVEの埋込み型照明スイッチ

    AVEの埋込み型照明スイッチ

     GI GAMBARELLIの表面実装型照明スイッチ

    GI GAMBARELLIの表面実装型照明スイッチ

    GIRAの押しボタン式照明スイッチ

    GIRAの表面実装型照明スイッチ

    • 埋込み型
      +デザイン性に優れている
      +邪魔にならない
      専用のツールが必要
      技術的に複雑
    • 表面実装型
      +シンプルで迅速な設置が可能
      +設置の変更が簡単にできる
      デザイン性に欠ける
      障害になる可能性がある
  • 照明スイッチの構成

    照明スイッチは、単一スイッチまたはマルチスイッチの2つに分類されています。単一構成とは、1つのスイッチで1つの照明を制御することを意味します。マルチ構成とは、1つのベースに2重、3重、4重のスイッチを搭載することができ、1つの場所から複数の照明を制御することができます。

    • 単一スイッチ: ベースは1つのスイッチで構成され、1つの照明を制御します。
    • マルチスイッチ: ベースは2つ、3つまたは4つのスイッチで構成され、複数の照明を制御します。
  • 2か所以上から照明を操作するには?

    階段の上や下、廊下など2か所から同じ照明を操作する場合は、3ウェイスイッチが必要になります。照明を3箇所以上から操作する必要がある場合は、3ウェイスイッチと4ウェイスイッチの組み合わせが必要になります。 主に3つ以上の入口がある大きな部屋や、複数の階がある住宅が対象となります。

    国によって配線方法や色が異なる場合がありますので、選択するスイッチが現地の規制を満たしており、適した設置方法であることを確認してください。

  • 照明スイッチを設置する際の安全対策

    一番の注意点は、スイッチの取り付けや配線の際に、電源を切ることです。 スイッチは、各国で施行されている安全基準に準拠していなければなりません。自分自身で設置する場合は、ヒューズボックスやサーキットブレーカーの位置や操作方法を知っておく必要があります。

    • 電源がオフになっているか確認する
    • 在住している国の配線コードを知る
    • ヒューズボックスとサーキットブレーカーの場所を知る
    • ボックスやブレーカーの操作方法を知る
  • 照明スイッチの最近の傾向

    最近人気のスイッチの中にワイヤレススイッチがあります。 どこにでも設置でき、ほとんどの照明器具に対応しています。 スイッチ内の送信機と照明器具に接続された受信機で構成されており、配線の変更や追加をすることなく、スイッチから照明を操作することができます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です