建築のオンラインサロン

パーゴラを正しく選択するには

パーゴラは、自宅の庭でリラックスしたり、生活空間を広げるためのアイテムです。雨や過度の日差しからテラスを保護するためにも使用されています。 パーゴラは、簡単に設置できる自立型の部品として購入できます。 壁に取り付けるタイプや吊り下げるタイプなどがあります。

パーゴラを見る

  • パーゴラの設置の仕方にはどんな種類があるか?

    パーゴラは自立型、壁取り付け型、そして吊り下げ型に分かれます。 自立型、壁掛け型、吊り下げ型など、パーゴラには3つの設置タイプがあります。ArchiExpoウェブサイトのパ-ゴラ製品ペ-ジ上で 「設置」タブをクリックし、設置タイプを選択すると、それに対応した製品リストが表示されます。

    自立型のパーゴラは、庭とプールがある場合、プールの横に配置するのが理想的です。家から離れた位置に設置できる自立型で、スペースに応じてサイズが決まります。

    壁取り付け型のパーゴラは、家の外壁やその他の構造に取り付けられています。 柱造りになっていて、生活の空間を拡張できます。

    吊り下げ型は、壁取り付け型と同様に壁に取り付けられていますが、パ-ゴラを支える柱がありません。

    Unopiùの自立型パーゴラ

    Unopiùの自立型パーゴラ

    Corradiの壁取り付け型パ-ゴラ

    Corradiの壁取り付け型パ-ゴラ

    MORE SPACEの吊り下げ型パ-ゴラ

    MORE SPACEの吊り下げ型パ-ゴラ

     

  • パーゴラの素材はどう選ぶか?

    モダン、クラシック、伝統的などの家のスタイルに関係無く、パーゴラの素材は、家の外装に使用したスタイルと素材に合う素材でなければありません。 家庭用と業務用のどちらのパーゴラにもある素材は、金属、木材、プラスチック、石、複合材、ガラスなどです。

  • 金属製のパーゴラについて知っておくべきこと?

    極端な気象条件に耐えられるパーゴラが必要な場合は、金属製をおすすめします。この素材は丈夫で、長期間使用でき、大きなパーゴラ向きです。欠点は、錆びる可能性があることです。よって亜鉛メッキまた塗装、錆の発生を防ぐ適切なシーラーを使用しなければならないので、多くのメンテナンスが必要です。

  • 木製のパーゴラについて知っておくべきこと?

    木材は、パーゴラに一般的に使用される素材であり、木材の種類にはマホガニー、スギ、レッドウッド、オーク、チークが含まれます。 これらの種類の木材には天然油が含まれており、極端な気象条件による害虫や反りに対して非常に耐性があります。木の自然な外観は、空間に個性、暖かさ、素朴な感触を与え、塗装することもできます。 欠点は高価な点です。          

  • プラスチック製のパーゴラについて知っておくべきこと?

    プラスチックは、プールや噴水のような水場の近くにあるパーゴラに使用される素材です。 厚いタイプのプラスチックは非常に耐性があり、極端な気象条件にさらされた場合に、金属や木材のパーゴラが抱える問題を軽減できます。 プラスチック製のパーゴラは、メンテナンスと掃除が簡単です。値段も比較的安価で、家庭用と業務用を簡単に見つけることができます。リサイクル可能なプラスチックを選択すると、コストを節約すると同時に、環境保護にもなります。

  • 石製パーゴラについて知っておくべきことは何か?

    石造りの家の場合、外観を壊さないために、石製のパーゴラが理想的です。メンテナンスの必要性がほとんどなく、非常に耐久性があります。

  • 複合素材のパーゴラについて知っておくべきことは何か?

    このタイプの素材は、木材とプラスチックの組み合わせで構成されています。厳しい気象条件への耐性があり、メンテナンスの必要がありません。また環境に優しい素材と見なされ、100%リサイクル可能です。

  • ガラス製パーゴラについて知っておくべきことは何か?

    現代風の家で見られるガラス製パ-ゴラは、スタイリッシュで、屋根やスライド式の開け閉めできる大窓として使用されます。 通常ガラスは、壁取り付け式や自立型のパーゴラに使用されます。 この素材の欠点は、値段が高くなる点と、定期的な清掃が必要な点です。 また設置には、多くの時間と労力が必要になります。

  • パーゴラを選択する際に考慮すべきその他の側面は何か?

    パーゴラのカバーは、選択に影響を与える要素です。モバイルスラットやサンシェードルーバーでスライドできる布製ガラス製木製、またポリカーボネート製などがあります。 キャノピーを持たないパーゴラには、吊り下げる植物が飾られています。 一部のパーゴラは現在、耐久性があるFSC認定のリサイクル可能な素材で作られています。

    生物気候タイプモジュール式格納式電動式、日焼け防止付きなどもあります。

  • パーゴラのサイズはどのように選ぶか?

    パーゴラのサイズを決めるには、家のサイズや、パ-ゴラを設置する場所をよく観察しましょう。 例えば小さな家の壁に、大きなパーゴラは取り付けると、不自然です。 パーゴラのスペースは、天井と屋根を支える柱と梁を構成する頑丈な素材を選べば、好きなだけ広くすることができます。 多くのデザイナーとメーカーは、快適さの面から、パーゴラの最小高さを2m30cm以上にすることを推奨しています。

  • 最新のペルゴラ

    ガラスと複合材料で造られたパーゴラは、主にミニマリストで現代風の家で人気があります。 田舎の雰囲気を出すカーテンやつる植物は、パーゴラのレールや梁にぶら下げることができます。

    最近では、スマートフォンアプリまたリモートコントロールで操作ができる「スマ-トパ-ゴラ」が登場しました。

     

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です